スペイン・グラナダの空港で13日、偽造したとみられる日本のパスポートを使用して出国しようとした中国系の女2人が警察に逮捕されたという。写真は日本のパスポート。

写真拡大

2018年4月15日、中国僑網は、スペイン・グラナダの空港で13日、偽造したとみられる日本のパスポートを使用して出国しようとした中国系の女2人が警察に逮捕されたと報じた。

記事によると、英国行きの便への搭乗手続きの際に、女2人のパスポートに偽造された痕跡があることに気付いた空港職員が警察に通報し発覚した。

警察によると、パスポートに押されていた出国スタンプの空港名が実際に存在しないものであったほか、2人は通訳が日本語で問いかけても全く理解できず、日本語を話すこともできなかったという。

警察の取り調べで、女2人の身元は中国系であることが判明した。2人は起訴される見通しだという。(翻訳・編集/柳川)