アンコールワットだけじゃない!代々木公園で「カンボジアフェスティバル」が開催。日本最大規模のイベントで文化やグルメを体験

写真拡大 (全5枚)

◆アンコールワットだけじゃない!代々木公園で「カンボジアフェスティバル」が開催。日本最大規模のイベントで文化やグルメを体験

カンボジアという国の名前は知っていても、どんな国かわからない、アンコールワットは有名でも、それ以外の観光名所も知らない…。そんな人に、カンボジアの芸術や文化、グルメ、自然など広く知って欲しいと始まったイベント。4回目を迎える今年は、日本・カンボジア外交65周年記念の年でもあり、ますます充実の内容に。カンボジアのことを知っている人も、あまり知らない人も、新しい発見が詰まった代々木公園に足を運ぼう。


ミス&ミスター・カンボジアが誕生!アプサラ美人とクメール美男子がこの場で選ばれる
日本・カンボジア友好65周年を記念した目玉企画が「ミス&ミスター・カンボジアフェスティバル2018コンテスト」。アプサラ(=天使・天女)、クメール(カンボジアの主要民族)のグランプリを決定する。日本語が話せるカンボジア人か日本人で、カンボジアへの熱い想いを語れることが条件。5月3日(祝・木)にグランプリが決定し、それ以降のイベントを盛り上げる。出場者たちによる様々なカンボジア愛を感じられるプログラムは注目。


無料で観覧OK!カンボジアの文化を感じられるステージイベントが楽しめる
両日行われるステージイベントも充実。日本人初のカンボジア王立芸術学校卒業の山中ひとみさんが主宰の「SAKARAK」が披露する古典舞踊はアンコール・ワット寺院で踊られていた華やかで繊細な踊り。普段なかなか目にすることのないカンボジアの文化に触れられるチャンス。ほかにもシンガーソングライターの稚菜によるピアノ弾き語り、HACHIによるウクレレ1本での弾き語り、カンボジア人の歌手によるステージなど、青空の下で楽しめる。


気になるカンボジアグルメからアクセサリーや陶器などの販売まで、見るだけでも楽しいブースが並ぶ
会場内にはブースがズラリ。カンボジアの代表的なビール「アンコールビール」や、ビールと合わせて食べたい「カンボジア風春巻き」(写真)や「春雨サラダ」などのほか、デザートにはかぼちゃをくり抜いて作るカンボジアの代表的スイーツ「かぼちゃプリン」も。ココナッツの木で作った雑貨や手作りアクセサリー、陶器などの雑貨の販売もあり、掘り出しものが見つかるかも。ゴールデンウィークには代々木公園でカンボジアにいる気分を味わってみて。