音楽監督に就任した小室哲哉

写真拡大

1月19日に引退を発表した小室哲哉が、スマートフォン向けロールプレイングゲーム「ガーディアンズ」の音楽監督に就任。ゲーム内の全楽曲を担当し、主題歌を含む全 29 曲を制作していることがわかった。

小室哲哉【引退会見全文1】引退発表から妻の介護、自身の治療について

「ガーディアンズ」はLINEとアイディスによる共同タイトルで、直感的な操作で楽しめるスマートフォン向けロールプレイングゲーム。フィールドを他プレーヤーと冒険する「ワールドモード」と仲間と強大なモンスターに挑む「クエストモード」の2つのモードが搭載されている。

小室は音楽監督に就任後、昨年の春から約1年をかけ、ゲーム内の主題歌とBGM28曲の計29曲を制作したという。

また主題歌「Guardian」のMVには、小室本人が登場。「ガーディアンズ」公式 YouTube チャンネルにて、近日公開される予定だ。(ザテレビジョン)