中山11R「中山グランドジャンプ」芝4250
★何があっても、オジュウチョウサン。現役最強の底力見せつける★
◎6オジュウチョウサン
○9アップトゥデイト
▲3ニホンピロバロン
△2シンキングダンサー、5ルペールノエル
 3連覇(春秋通算5勝)を目指す現役最強のハードル王、オジュウチョウサンが底力を見せつける。暮れの中山大障害をレコードで優勝のあと感染症にかかり、本番はブッツケ挑戦になったが「神は乗り越えられない試練は与えない」。仕上げに関しても、もちろん抜かりはない。骨折明けの不利をものともせず圧勝した東京ハイジャンプ(2秒差)と、「中山大障害よりも良い状態」なら、大船に乗ったようなもの。

中山10R「下総S」ダ1800
★一発でメドを立てた、ネイビーブルー。今度は勝てる★
◎15ネイビーブルー
○8ロードシャリオ
▲10アナザートゥルース
△6バイタルフォース、11トウカイエントリー
 昇級緒戦の上総Sを2着と好走、一発でメドを立てた◎ネイビーブルー。連対記録も7回に延ばし、充実一途。ここも調子、距離、コースと三拍子揃っており期待できる。

福島11R「ラジオ福島賞」ダ1150
★福島良いとこ、ブレイヴバローズ。再びベストパフォーマンスを披露★
◎4ブレイヴバローズ
○9カフェライジング
▲10スーパーモリオン
△7ポップシンガー、14ストロベリームーン
 ダートにシフトしたブレイヴバローズが、大事な初戦を飾った舞台がここ福島。同じ1150辰0秒6差で圧勝、適性の高さを見せつけている。昇級後はきキッ紊暴わっているが、着差は僅か。メドの立ったところで迎えたゲンの良い条件。チャンスは大きく広がった。

阪神11R「アーリントンカップ」芝1600
★実績は最右翼、タワーオブロンドンが貫禄勝ちを決める★
◎6タワーオブロンドン
○2インディチャンプ
▲13ダノンスマッシュ
△1パクスアメリカーナ、5ピースユニヴァース
 実績、実力ともタワーオブロンドンが一歩リードしている。ここが、朝日杯FS3着からブッツケ(4か月休養)挑戦になるが、「目標レースだけに、臨戦過程は寸分の狂いがない」仕上がり状態。久々でも力を出せるなら、ベストパフォーマンスを見せてくれるハズ。