JASRACが音楽教室から著作権料の徴収開始 バイオリン講師が危惧

ざっくり言うと

  • JASRACによる、音楽教室での演奏に対する著作権料徴収が4月から始まった
  • ある音楽講師は、好きな曲を弾けるようになりたくて入る生徒もいると主張
  • その意欲に応えられなければ、習おうとする人も減ると危惧している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング