イメージ脱却に失敗し「地獄」 安達祐実が打ち払った「名子役の呪縛」

ざっくり言うと

  • 安達祐実は10代後半のとき、子役イメージからの脱却に苦悩していたという
  • 30歳を超え、「主に泣いてます」に出演した際に破壊力のある役を演じた安達
  • ここから再注目され、停滞していた女優活動が再び活性化したのだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング