富士山の麓で「湖畔の映画祭」月光の下テントの中から映画鑑賞、日中はキャンプで大自然を満喫

写真拡大

富士山の麓で行われる映画フェス「富士・湖畔の映画祭2018」が、山梨県・本栖湖キャンプ場にて2018年7月27日(金)から29(日)まで開催される。

日本のインディーズ映画を中心に上映する「富士・湖畔の映画祭」は、日中は大自然を満喫しつつ音楽を楽しみ、夜は月光の下で映画鑑賞をすることができる野外イベントだ。会場となる本栖湖キャンプ場には、映画祭専用のテントエリアが開設され、キャンプをしながら映画を見るという贅沢な体験をすることができる。

4回目の開催となる今回は、コンペ部門をスタート。事前に応募された作品の中から、上映作品の一部を決定する。審査員には、サブカルシーンでも絶大な人気を誇る監督カンパニー松尾、映画評論家の町山智浩が創刊しインディーズシーンに強い影響力を持つ『映画秘宝』編集長・岩田和明、「劇場版シネマ狂想曲」で注目を集める名古屋シネマスコーレ副支配人・坪井篤史などが名を連ねる。

上映作品には、インディーズ映画界で話題の上田慎一郎監督『カメラを止めるな!』や、行定勲監督『いっちょんすかん』、『うつくしいひと サバ?』など42本がラインナップ。行定監督ほか、35作品以上の監督の舞台挨拶も予定されている。

【概要】
「富士・湖畔の映画祭2018」
開催日時:2018年7月27日(金)〜29(日)
開催場所:本栖湖キャンプ場特設会場
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18
アクセス:
・車の場合 東京より車で2時間半 河口湖ICより約30分
・電車/バスの場合 河口湖駅下車 路線バスにて本栖まで約60分
定員:無し
申込み:チケットぴあ・e+にて前売り券発売予定、他当日券有り
※新宿-映画祭会場 直通バスおよびバンガロー予約は公式サイトで受付中。

■上映作品
・長編コンペ
『NOISE』(監督・脚本・編集:松本優作)
『さらば大戦士トゥギャザーV』(監督・脚本・編集:松本純弥)
『センターライン』(監督・脚本:下向拓生)
『ドブ川番外地』(監督・脚本・編集:渡邉安悟)
『向こうの家』(監督:西川達郎)
『森のかたみ』(監督:大杉拓真)
・短編コンペ
『なぎさ』(監督・脚本:古川原壮志)
『ヒロイン』(監督・脚本:松崎まこと)
『三つの朝』(監督・脚本:根岸里紗)
『子供は天使ですか』(監督・脚本:川西薫)
『声』(監督・脚本:串田壮史)
『林檎は樹の近くに落ちる』(監督・脚本:吹原幸太)
・他上映作品
『いっちょんすかん』(監督:行定勲)
『うつくしいひと サバ?』(監督:行定勲)
『花に嵐』(監督:岩切一空)
『劇場版テレクラキャノンボール2013』(監督:カンパニー松尾)


[写真付きで読む]富士山の麓で「湖畔の映画祭」月光の下テントの中から映画鑑賞、日中はキャンプで大自然を満喫

外部サイト

  • 野外シネマキャンプフェス「MUJINTO cinema CAMP」和歌山・長崎の無人島で開催
  • 「夜空と交差する森の映画祭」が栃木・ツインリンクもてぎで、約50本の作品をオールナイト上映
  • 箱根・ポーラ美術館、敷地内の森で宿泊出来るキャンプイベント開催 - 夜の森で映画上映も