今週末15日、中山競馬場では3歳クラシックレースの第1弾・GI皐月賞(芝2000m)が行なわれる。

 絶対的存在と見られていた無敗の2歳王者ダノンプレミアム(牡3歳/中内田充正厩舎)が回避し、一転して混戦ムードが漂うが、押し出されて1番人気となりそうなワグネリアン(牡3歳/友道康夫厩舎)もかなり強い馬で、順当に決着する可能性も高い。しかし、より多くの馬にチャンスが広がるのは間違いなく、今回はそんな馬たちを取り上げてみよう。

 まずは昨年のGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)を勝ったタイムフライヤー(牡3歳/松田国英厩舎)。同コースの新設GIを勝った馬だけに、順調なら人気の一角に入るはずだったが、前走のOP若葉S(3月17日/阪神・芝2000m)で単勝1.2倍という圧倒的1番人気に推されながら5着に敗れ、一気に評価を落とした感がある。


皐月賞と同じ舞台であるGIホープフルSを制しているタイムフライヤー

 若葉Sの結果は後方から外々を回る展開でスローペースと、この馬に向かない条件が揃ってのものだ。あくまでも目標は皐月賞、GI日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)にあるので、若葉Sは余裕を持った仕上げでもあったのだろう。関西の有力馬たちが関東のGII弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)に出走したのに比べ、輸送の負担が軽い若葉Sで前哨戦を消化したのは好感が持てる。弥生賞2着のワグネリアンはそこまで無敗で来ていたし、相手がダノンプレミアムということで、ある程度は仕上げていただろうとみる。皐月賞に向けての余力や上積みという点では、タイムフライヤーがかなり優位に立っていると言える。

 タイムフライヤーの父ハーツクライの産駒は皐月賞では6戦して、2014年ワンアンドオンリーの4着が最高。先日のGI大阪杯を勝ったスワーヴリチャードも昨年2番人気で出走し、6着と皐月賞とは相性が良くないが、タイムフライヤーは既に同コースで勝利しているし、血統も深く見ていくと裏付けがある。

 父と母の父ブライアンズタイムの組み合わせは、GIIIダービー卿チャレンジトロフィー(中山・芝1600m)とターコイズS(中山・芝1600m)の2重賞を勝ったマジックタイムと同じであるし、ブライアンズタイム自身は1994年ナリタブライアン、1997年サニーブライアン、2002年ノーリーズン、2007年ヴィクトリーと4頭もの皐月賞馬を送り、母の父としても2016年の勝ち馬ディーマジェスティ(父ディープインパクト)を出している。いかにも皐月賞向けの血統構成なのだ。伯父にGIジャパンCダートなどGIを5勝したタイムパラドックスがいる血統も優秀で、スタミナとパワーが感じられるし、雨が降って馬場が渋ってもそれがプラスに働きそうだ。

 展開も向きそうだ。今回はケイティクレバー、アイトーン、エポカドーロ、ジュンヴァルロと、過去に逃げて好走した馬が多く、これらの馬が激しい先行争いを繰り広げれば、先行勢は苦しくなり、後方からレースを進め、スタミナのあるこの馬向きの展開になるだろう。

 続いて挙げるのはサンリヴァル(牡3歳/藤岡健一厩舎)。同馬は9月のデビュー戦(新潟・芝1800m)を制し、続くOP芙蓉S(9月24日/中山・芝2000m)で2連勝。GIホープフルSを4着、弥生賞を4着という臨戦過程でここに臨んでくる。ここ2戦、4着が続いているが、ホープフルSは約3カ月ぶりでプラス8kgの馬体重、弥生賞も約2カ月ぶりでプラス10kgの馬体重と、休み明けで幾分余裕のある仕上げだったことが伺える。成長期でもあり、無理のないローテーションを選択していたのだろう。

 今回は芙蓉S以来、久々にレース間隔を詰めての出走となる。芙蓉S以降3戦続けて中山芝2000m戦に出走しているように、皐月賞を意識してここまで調整してきたと思われる。

 レース内容を振り返ってもここで通用する能力は十分に感じられる。芙蓉Sはスッと2番手につけるセンスの良さと、直線で並びかけられてグッと伸びる勝負根性を見せた。ホープフルSは1000m通過59秒6で他馬にも絡まれてとラクな展開ではなかったが、他の先行勢が大きく崩れるなか、残り150m付近までは先頭をキープしていた。そして弥生賞でも、1頭離れた逃げになりながら、2着ワグネリアンとは0秒1差に粘り込んでいる。ダノンプレミアム不在のここでは上位争い可能な存在だ。

 血統も魅力的だ。父ルーラーシップは香港GIクイーンエリザベス2世C(シャティン・芝2000m)の勝ち馬で、昨年のGI菊花賞馬キセキの父。産駒ダンビュライトは、昨年のこのレースで12番人気ながら3着に入っている。同馬は今年のGIIアメリカJCC(1月21日/中山・芝2200m)を勝利しているように、父の産駒は中山コースと相性が良い。

 さらに母の父アグネスタキオンは2001年の勝ち馬、祖母ウメノファイバーは1999年オークス馬。さらに、7代母トキツカゼは1947年の皐月賞やオークスを勝った名牝である。祖母の父には中距離の名馬サクラユタカオー(1986年天皇賞・秋)の名前も見える。こういう馬がGIを勝って種牡馬入りすると、そういった歴史的な血が残っていくので、筆者も応援したくなる血統馬だ。 今回は他にも魅力的な馬が多いが、筆者は特に上記2頭を中心に狙ってみたい。

◆安藤勝己はあの馬を切った。皐月賞、ダービーを読む「3歳牡馬番付」>>

◆ダノン皐月賞回避で異状あり!激変する最新「3歳牡馬ランキング」>>