アンバー・ハード(Amber Heard) photo : Getty Images

2016年8月にジョニー・デップとの離婚が成立したアンバー・ハード。当初の約束通り、和解金を寄付していたことが明らかに!

ジョニー・デップとの泥沼離婚バトル中、ジョニーとの和解金はチャリティのために使うと発表していたアンバー・ハード。ロサンゼルス小児病院とACLU(アメリカ自由人権協会)に全額寄付すると声明を発表していた。

その後離婚は成立したものの、寄付金についてはトラブルが続行。アンバーが和解金を寄付していないことが発覚、「やっぱりアンバーはお金目当てだった」と報じられたことも。疑われたアンバー側は、ジョニーが税金対策のために彼女を介さずに直接病院やACLUに寄付しようとしていると告発していた。

でも結局、無事に和解金は寄付されたもよう。最近ロサンゼルス小児病院が2017年の年次報告書を発表。そこには「100万ドル(約1億円)から500万ドル(約5億円)の寄付者」としてアンバーの名前が! 病院側は「子どもたちと家族を代表し、感謝します」とコメントしている。

無事約束も果たせて、アンバーの気分もすっきりしたはず。一連の騒動で俳優活動が停滞気味のアンバー。これからは本格的な女優復活に乞うご期待。

text: Yoko Nagasaka