(左から)土屋太鳳、川栄李奈、川口春奈、松岡茉優

写真拡大

 スタジオジブリ作品『耳をすませば』が公開され、人気ドラマ「愛していると言ってくれ」の主題歌であった DREAMS COME TRUE の「LOVE LOVE LOVE」が大ヒットを記録した1995年。そんな年の“2月”に生まれた女優陣が、現在ドラマや映画で活躍している。今後ますますの活躍が期待される“1995年2月”生まれの女優を紹介する。(編集部・吉田唯)

■土屋太鳳
1995年2月3日生まれ。2008年に黒沢清監督の『トウキョウソナタ』で映画デビューを果たし、2011年のドラマ「鈴木先生」で注目を浴びる。2014年には映画『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』での壮絶アクションも話題に。2015年にはNHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインに抜てきされた。昨年は『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『トリガール!』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』と4本もの出演映画が公開されたほか、アニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の声優も務めた。アクションだけでなく、世界的歌手シーアの楽曲「アライヴ」の日本版ミュージックビデオのダンスが話題になるなど、身体能力の高さにも視線が集まっている。今後も『となりの怪物くん』(4月27日公開)、『累-かさね-』(9月7日公開)などが待機している。

■川口春奈
1995年2月10日生まれ。2007年に雑誌「ニコラ」モデルとしてデビューし、2009年にドラマ「東京DOGS」で女優デビューを飾る。「三井のリハウス」や「ポカリスエット」のCMなどでもその美貌が話題になったほか、「桜蘭高校ホスト部」(2011)、「探偵の探偵」(2015)、「愛してたって、秘密はある。」(2017)などのドラマ、映画『好きっていいなよ。』(2014)、『クリーピー 偽りの隣人』(2016)、『一週間フレンズ。』(2017)など出演作多数。幼い頃から活躍しているため“少女”的なイメージが強かったが、近年ではSNSに投稿される写真が「大人になった」とたびたび注目されている。2019年には、松尾由美の恋愛小説を高橋一生とのダブル主演で実写化映画化する『九月の恋と出会うまで』が公開予定。

■川栄李奈
1995年2月12日生まれ。2015年8月にAKB48を卒業後、映画『デスノート Light up the NEW world』(2016)、『亜人』(2017)、『嘘を愛する女』(2018)といった映画、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016)、「フランケンシュタインの恋」(2017)、「僕たちがやりました」(2017)などのドラマのほか、舞台でも存在感を見せている。また、2017年には第48回衆議院議員総選挙の選挙啓発イメージキャラクターに起用され、先日にはTBS系トーク番組「A-Studio」の10代目サブMC就任が発表されるなど、多方面で活躍。本人が「もともと存在が地味なので、主役をやりたいと思ったことがないんです。だから、ヒロインをいかに輝かせるか、というところにいつも懸けているんです」(今年2月のシネマトゥデイインタビューより)と語っていた通り、これまでは脇役として輝く機会が多かったが、2018年公開予定の『恋のしずく』ではついに映画初主演を果たす。

■松岡茉優
1995年2月16日生まれ。バラエティー番組「おはスタ」の“おはガール”として2008年に本格デビュー。その後、映画『桐島、部活やめるってよ』(2012)、『ちはやふる -下の句-』(2016)や、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(2013)、「コウノドリ」(2015)などで注目を浴びた。多くの作品でその演技力が絶賛される実力派の松岡だが、その裏にはネタ帳を持ち歩くという努力も。「電車で見かけた人の仕草や、気になる言いまわしを書き留めています。書いておかないと忘れちゃうから」(2017年12月のシネマトゥデイインタビューより)と明かしていた。昨年12月には初主演映画『勝手にふるえてろ』が公開され、ロングランヒットを記録。今年に入ってからすでに『blank13』『ちはやふる -結び-』と2本の出演作が公開されているほか、今後も是枝裕和監督の新作『万引き家族』の公開を控えている。