2018年クラシック候補たち
第10回:ステルヴィオ

 牡馬クラシック第1弾のGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)。断然の「主役」と目されていたのは、昨年のGI朝日杯フューチュリティS(12月17日/阪神・芝1600m)を制覇して「2歳王者」に輝き、ここまで4戦負けなしのダノンプレミアムだった。

 ところが、同馬は挫跖(※ざせき・硬いものを踏んだときなどに起きる蹄の底の炎症)により、無念の皐月賞回避となった。おかげで、レースの行方は一気に混沌としてきた。

 そんななか、このニュースによって、皐月賞の最有力候補に浮上した馬がいる。美浦トレセン(茨城県)の木村哲也厩舎に所属するステルヴィオ(牡3歳/父ロードカナロア)である。


スプリングSを勝って、皐月賞に臨むステルヴィオ

 昨年6月のデビュー戦を快勝すると、続くオープン特別のコスモス賞(8月12日/札幌・芝1800m)も制して連勝を決めた。重馬場の中、3コーナー過ぎから徐々にポジションを上げていくと、直線半ばで先に抜け出したハッピーグリンをとらえ、最後は猛追するミスマンマミーアをクビ差振り切って勝利。ゴールまで先頭を譲らない勝負強さが際立っていた。

 3戦目は、GIIIサウジアラビアロイヤルC(10月7日/東京・芝1600m)に挑戦した。先行して抜け出したダノンプレミアムには及ばず2着に終わったものの、後方から追い込む競馬でメンバー最速の上がり時計(33秒5)をマーク。強烈な決め手を披露して、改めて実力の高さを示した。

 続いて挑んだのが、ダノンプレミアムとの再戦となったGI朝日杯FS。再びダノンプレミアムには屈したが、切れのある末脚を繰り出して2着を死守した。

 そして今年は、GIIスプリングS(3月18日/中山・芝1800m)で始動。休み明けながら、先行して抜け出したエポカドーロをゴール前できっちりとらえて3勝目を飾った。

 こうしたキャリアを見ればわかるとおり、同馬が負けたのはダノンプレミアムのみ。その最大のライバルが不在となれば、皐月賞で勝ち負けが期待されるのは当然のことだ。

 実際、本番に向けて調子は上向きだという。関東競馬専門紙のトラックマンが、陣営の手応えを伝える。

「皐月賞に向けて、ステルヴィオの調整は順調に進んでいるようですね。コンビを組むルメール騎手が皐月賞の1週前追い切りに乗ったのですが、『以前より成長している』と言って、好感触を得ていました。ここまで、レースでは一度も崩れたことがないですし、本番でもその安定感は強みになると思います」

 ただ一方で、ルメール騎手や陣営のスタッフは、皐月賞の舞台となる中山コースへの不安を感じているという。それについて、先述のトラックマンが明かす。

「ステルヴィオはレースを重ねるごとに、反応が鈍くなっているというか、エンジンのかかりが遅くなっているようなんです。コーナーのさばきもぎこちなくて、そこで『遅れを取りやすい』という話が陣営からも漏れています。

 事実、スプリングSでも最後にやっとエンジンがかかって、ギリギリでエポカドーロをとらえることができました。ここのところ、後方の位置取りのレースが続いているのも、それが理由みたいですね。

 中山の2000mはコーナーが4つで、直線も短いですよね。しかも多頭数での競馬になりますから、陣営が不安視するのもわかります。もちろん、その不安をカバーする乗り方も考えているでしょうし、この中間でどこまで課題を修正できるかが、戴冠へのポイントになるのではないでしょうか」

“天敵”ダノンプレミアムはいなくなったが、クラシックの舞台となれば、ハイレベルなメンバーが集う。その中で、いかに自らの弱点をカバーし、最高のパフォーマンスを見せるかが、勝利へのカギとなる。 大本命馬がいなくなり、やや拍子抜けした感のある皐月賞。ステルヴィオには、そのもやもやムードを打破するような、豪快な走りを見せてくれることを期待したい。

◆きたらスゴイぞ! 桜花賞の超大穴に、あの「暴れん坊ムスメ」が浮上>>

◆桜花賞1強は危険なサイン。「女王にクーデターを企む3頭」に要注意>>

◆アンカツ氏が自信ありげ。桜花賞、オークスを占う「3歳牝馬番付」>>