連続ドラマ「パフェちっく!」で主演を務める高橋ひかる

写真拡大

大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年、NHK総合ほか)や、高校サッカー応援マネージャーなど、昨今さまざまな舞台で活躍し、注目を集める若手女優・高橋ひかる。

【写真を見る】まるでプリンセス! 上品にスカートひらりする高橋ひかる

そんな彼女が、3月31日にフジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」にて配信スタートした連続ドラマ「パフェちっく!」で主演を務める。

連ドラ初主演となる高橋にインタビューを行い、演じる亀山風呼の印象や、共演者の印象、定番の“どっち派問題”など、たっぷりと語ってもらった。

――高校サッカーの応援マネージャーなど大活躍中ですが、ブレークの実感はご自身にありますか?

全くありません(笑)。周囲の反応も特に変わることなく、たんたんと日々過ごしているのですが、高校サッカーのお仕事は印象的でしたし、楽しくて終わっちゃうのが寂しかったですね。

最近は特にいろいろなお仕事を経験させていただいて、すごくありがたいと思っています。

――ご家族や友人からの反響は?

テレビに出たり、取材していただいたりしてメディアに出させていただくと、「見たよ〜!」って言ってもらうことは多くなりましたね。高校サッカーのときは、特に男の子の同級生から「すごいな〜!」「見たで〜」って言われました(笑)。

実際にサッカーを見るために開会式に行った人もいて、「開会式に俺も行っていたけど、気付いた?」って連絡くれた人も。そうやって反応をいただけるのはありがたいですよね。

――そしていよいよ連ドラ初主演! 決まったときはどう思いました?

初主演と聞いて、率直にビックリ!というのが大きかったです。「私が主演して大丈夫?」って(笑)。演技を始めて3作目で主演させていただけるというのも不安でしたし、漫画原作ということで、うまく表現できるかなという意味でも不安でした。

でも、どちらかと言えばうれしいという気持ちの方が大きくて、こうやっていきなり主演させていただけることはなかなかないと思うので、ポジティブに捉えて、たくさん成長できるように頑張ります。

■ 漫画原作の実写化にも前向き

――原作は2000年に連載が始まったんですよね。

私が生まれる前に連載が始まって、とても長期間続いた作品だと知って、それほど人気があった作品なんだなと驚きましたし、撮影前に何度も何度も読み返しました。女子が好きな設定が盛り込まれている作品だなと感じましたね。

――原作のビジュアルがある時点で、緊張しますよね? ファンも多いでしょうから。

そうですね。私も原作を読んでいて、実写化されると発表されると「えっ実写化しちゃうの!?」って実際思ったりもしましたから。

どうなるんだろう?というドキドキもありましたし、そういうふうに自分も思っていたからこそ、実写になってファンの方のイメージが壊れないように、作品を何度も何度も読んで私の中での風呼像をしっかり持って、作品に挑もうって考えました。

――風呼ちゃんのキャラクターについてはどうですか?

風呼ちゃんは本当に明るく、すごく素直で、新保家の2人(大也&壱)の間で揺れる女の子。

演じていて本当に素直で明るいいい子だなって思いましたし、その無垢な感じをうまく表現したいですね。

――雪山のビジュアルも印象的でした。

あれは校外学習で雪山に行く回ですね。なぜか私と大也(中尾暢樹)だけ脱線して、雪山の中に行くっていうシーンなんですけど、すごく雪山がきれいで、春になって雪は積もっていないんじゃないかって心配でしたが、ちゃんと積もっていて、足元がおぼつかない中で撮影しました。雪山はすごくきれいでしたよ!

――他に印象的な撮影はありましたか?

つい最近撮影しましたが、チャペルで風呼の想像の中でのシーンは印象的でした。

その時はウエディングドレスを着ての撮影で、私自身人生で初めてウエディングドレスを着たので、楽しかったですね。みんなとワイワイした撮影ができて良かったです。

――高校生でウエディングドレス着ちゃいましたか(笑)。

着ちゃいました!(笑) でも、演技でもなかなか着る機会はないと思いますし、プライベートでは人生で一回着るか着ないかの服なので、若いうちに着られてうれしかったです(笑)。

――大也役の中尾さんは5歳くらい年上ですが、印象はどうですか?

制服が似合うな〜って思いましたね(笑)。「動物戦隊ジュウオウジャー」(2016-2017年、テレビ朝日系)を拝見していたのですが、そのイメージのまま爽やかで、すてきな方です。

私が緊張しているとき、対面しているシーンでも笑わせてきたりして、「ちょっと〜!」ってなったりもしたんですけど(笑)。それは優しさからくるもので、すてきな方です。

――現場ではお話もされましたか?

そうですね。それに大也の恋のライバル・壱役の林裕一朗さんも面白い方で、お二人のおかげで現場ではワイワイ笑いが絶えないですね。

最初は初主演だったので、うまく仲良くなれるか不安だったんですけど(笑)、周りの方々がすてきな方ばかりで、すごく安心しました。

■ イケメン2人…どっち派!?

――キャラクターとして、どっち派かって言われるとどっち派で…?

(即答で)壱くんです!(笑)

――早いな!(笑)

すみません(笑)。でも、それは完全に壱くんです。漫画を読んだとき、これはもう絶対壱くんとくっつくでしょうって思ったくらい。

まあ大也には大也の魅力があって、壱には壱の魅力があるので、これは女性の意見もかなり分かれるだろうなって思います。

大也の笑顔にひかれる人もいれば、壱のクールさに引かれる人も。ななじ眺先生も「こっち派だ あっち派だ」と揺れ動きながら見ていただきたいと仰っていたんですけど、まさにその通りで、私もいろいろ想像しながら楽しくお芝居しています。

――壱くん派ですか〜。

そうですね〜。でも、大也くんもすてきだなと読んでいて思いましたよ。こういうところに風呼ちゃんはひかれたのかな?って思いながらやっています。

――そしてお姉さん役が同じ「ひかる」(大沢ひかる)さんなんですよね。

そうなんですよ〜!! この前も現場で「ひかるちゃん!」って呼ばれて、顔を見合わせて「えっ? どっちどっち?」ってなって、すごく面白かったです(笑)。

――そんな大沢ひかるさんはどんな方ですか?

おきれいな方です! 超きれいで、見つめられるシーンが何度もあったんですけど、かなりときめきました(笑)。

キャラはかなりぶっ飛んでいるんですけど、大沢さんがキレイ過ぎて、いつの間にかハマっちゃっています。大沢さんにハマっちゃっています(笑)。

――ハマると言えば、アイドルがお好きだそうで。特に乃木坂46・白石麻衣さんがお好きなんですよね?

そうですね。白石さん大好きです! その他、最近ハマっているのはMOMOLANDさんというK-POPのアイドルグループがいて、その方々は朝の目覚ましにしているくらい聴いています。

コミカルなミュージックビデオも印象的で、ブーンブーンってひたすらブンブン言っている曲とかがあるんですけど(笑)。センターで踊っている子も、すごいきれいで、でも、変わった子もいてって感じで、面白いです。

――そういえば「インフルエンサー」もブンブン言っていますもんね。ブンブンお好きなんですね(笑)。

確かに!(笑) そうかもしれないですね。

――違うでしょ!

違いますかねえ(笑)。

■ アイドル大好き!

――乃木坂さんよりもMOMOLANDさんってことですか?

違います(笑)。一番好きなのは乃木坂46さんです。でも、今じわじわ私の中できているのはMOMOLANDさんで、他にアンジュルムさんも!

かみこ(上國料萌衣)ちゃんはすごくかわいいですよ〜! かみこちゃんをたまたま見つけて「この美少女は誰だ!」って調べたらアンジュルムでした。すごくかわいいですね。

――そして好きな食べ物がお肉で、「焼き肉、カルビ、ステーキ」。これは好感しかないですね(笑)。

お肉が大好きなので、良いことがあったり、大きい仕事が決まったりすると、母に焼き肉へ連れて行ってもらったりとか、これ頑張ったらおいしいお肉を食べさせて!って、おねだりしたりしています。それがモチベーションになります(笑)。

――そういえば、事務所の先輩・水沢エレナさんも「焼き肉女子部」を結成されていると先日取材で仰っていました。赤身がお好きだそうです(笑)。

そうなんですか!? 私も入りたい! 赤身も大好きですよ。むしろ普段は赤身が多いんですけど、ここぞ!というときはカルビを食べたいです。

――今後やってみたい役は?

そうですねぇ…。小悪魔な役ですとか、ちょっと裏のある役など、そういう役にも挑戦していきたいです。難しそうですけど、ふとしたときになんかそういう“悪”の部分が見えるというか、ちょっと悪いところが見えちゃう役も、演じてみたいです。

でも、常に“今の自分を超えていく”というモチベーションで女優業をやらせていただいているので、これからも立ち止まらず、いろいろな女優さんのいいところを盗んで、取り組んでいけたらいいなと思います。

――そんな高橋さんのオンリーワンは?

「感謝」ですね。母にも感謝は大事だよと教えられていて、いつも「ちゃんと感謝しーや!」って言われているので(笑)。このお仕事をしていて、本当に感謝しかないなというのも実感しました。

事務所の方だったり、スタッフさんだったり、あらためて感謝って大事だなって感じますので、オンリーワンは感謝でお願いします。

――最後にドラマをこれから見る方にメッセージを!

初主演作ということで、より一層気合いを入れて撮影しています!

これから精いっぱい努力して、たくさんの方に楽しんでいただけるように頑張ります。

※高橋ひかるの「高」は、正しくはハシゴダカ(ザテレビジョン)