ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年もクラシックが開幕します。

 今の時代、GIの数が増加。今年は地方交流重賞のJBC競走も京都で開催されることになり、JRAの平地GIは計27鞍にも上ります。

 そうは言っても、クラシックは特別です。

 競走馬にとって、一生に一度しかないタイトルですし、何より伝統があります。騎手や調教師、厩務員などトレセン関係者のみならず、馬主や生産者など競馬に携わる者ならば、誰もが憧れる舞台。それが、クラシックです。

 そのクラシック開幕を告げるのが、3歳牝馬が覇権を争う桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)です。

 話題の中心、人気の中心は、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)を含めてここまで重賞3勝、デビューから4戦負けなしで完全勝利を続けているラッキーライラックです。

 新馬戦からアカ抜けた競馬をしていましたが、今年の始動戦となったチューリップ賞(1着。3月3日/阪神・芝1600m)では、さらに成長した姿を見せてくれました。もともと牝馬にしては大柄な馬でしたが、一段と大きくなって、牡馬のような風格が漂っていましたね。それが見かけだけでなく、レースぶりにも存分に表れていました。

 まだ緩さの残る馬体で、明らかに先を見据えた仕上がりに見えたのですが、そんな緩さを感じさせない反応のよさで完勝。ライバルと目されていた2着マウレア、3着リリーノーブルとは、「完全に勝負づけが済んだ」という印象を強烈に与え、まさに「強い」のひと言でした。

 とにかくセンスがよく、好位で折り合えるうえ、仕掛けると瞬時に反応。なおかつ、抜け切る脚があり、抜け出してからも遊ぶことなく、しっかりと伸びます。そのレースぶりには非の打ちどころがありません。負けるイメージを浮かべることのほうが難しい馬ですね。

 懸念があるとすれば……、馬場が悪くなったときでしょうか。ちょうど1年前、4戦4勝のソウルスターリングが緩い馬場の影響で、桜花賞を取りこぼしてしまいました。

 ラッキーライラックの場合、雨の中での競馬は経験していますが、馬場はそこまで緩いものではありませんでした。そのあたり、未知な部分があるのは確かです。

 とはいえ、走っていないゆえ、適性がわからないというだけで、ダメと決まったわけではありません。まったく問題なく、こなしてしまうかもしれません。希望としては、どんな馬場でも強いラッキーライラックを見てみたいですね。

 それから、もうひとつだけ気になることがあります。それは、前走のチューリップ賞は強かったのですが、目いっぱいの競馬をしていたように見えたこと。まるで本番に臨んでいるかのようなレースでした。

 変に遊ばせるとクセがつく場合があるので、そんな不安要素を作らないために、終(しま)いまでしっかり追った可能性はあるのですが、一応は3歳牝馬ですので、内面でダメージが残っていないかどうか、心配です。まあ、前述したとおり大型馬なので、そこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが……。

 当面のライバルとなるのは、先にも記したマウレアとリリーノーブルでしょうか。阪神JFに続いて、チューリップ賞でもこの2頭が2着、3着でしたからね(阪神JFでは2着リリーノーブル、3着マウレア)。

 ただ、この2頭の着順の入れ替わりはあったとしても、ラッキーライラックがまともに走った場合、もはや逆転するのは難しいのではないでしょうか。

 もし逆転があるとしたら……。

 世間的には、まだ勝負づけが済んでおらず、牡馬相手の重賞シンザン記念(1月8日/京都・芝1600m)を勝ったアーモンドアイに魅力を感じている人が多いようですね。鞍上も、全国リーディング2位のクリストフ・ルメール騎手ですし。

 良馬場で行なわれた東京の未勝利戦で上がり33秒5、道悪だったシンザン記念でも上がり34秒4の時計をマークし、ともにレースの上がりより約1秒も速い決め手を繰り出して快勝。確かにその末脚は強烈だと思います。

 しかし今回は、正月競馬からの直行という特殊なローテーション。加えて、再び関西への長距離輸送と心配な面が多分にあります。もし、それでも勝つようなら”化け物”級ですね。もちろん、その可能性はゼロではないのですが……。



前走、落馬で競走中止となったアマルフィコーストが桜花賞で波乱を起こす!?

 逆転の可能性を秘めているという点において、個人的に魅力を感じているのは、アマルフィコーストです。

 昨秋のファンタジーS(11月3日/京都・芝1400m)は1番人気に推されたものの、3着と敗戦。その後、予定していた阪神JFは回避して、今年の始動戦となったフィリーズレビュー(3月11日/阪神・芝1400m)では、なんとスタート直後に落馬して競走中止に。

 順風満帆のラッキーライラックと比べると、天と地ほどの差がありますが、単純に運がなかっただけで、能力自体の差はそこまでないと思っています。

 なにしろ、新馬戦と2戦目の中京2歳S(7月22日/中京・芝1600m)の内容に目を引くものがありました。この時点ではこの馬が「クラシック有力候補なのでは」と思っていましたからね。

 やや気性が激しいのか、ファンタジーSのときにはパドックでも結構うるさい面を見せていました。それがレースに影響したのか、スタートは抜群だったにもかかわらず、かかるのを嫌がって抑えているうちに、位置取りがどんどん悪くなってしまいました。

 もし、好位で普通に折り合っていれば、楽に抜け出して完勝していたかもしれません。そんなシーンを想像できるだけのポテンシャルは備えているはずです。

 未知の部分が多いため、おそらくまったく人気はないでしょう。しかし、それだけに面白い存在とも言えます。今年の桜花賞の「ヒモ穴馬」には、このアマルフィコーストを指名したいと思います。

大西直宏のオフィシャルブロク>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆桜花賞1強は危険なサイン。「女王にクーデターを企む3頭」に要注意>>

◆アンカツ氏が自信ありげ。桜花賞、オークスを占う「3歳牝馬番付」>>

◆ラッキーライラック対アーモンドアイ。桜花賞バトルはどちらが勝つか>>