舞台挨拶に登壇した稲垣吾郎

写真拡大

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が主演する映画「クソ野郎と美しき世界」が4月6日に初日を迎え、都内の映画館で舞台あいさつが行われた。稲垣、草なぎ、香取に加えて、稲垣主演のエピソード1「ピアニストを撃つな!」で監督&脚本を務めた園子温、香取主演映画のエピソード2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」の監督&脚本の山内ケンジ、草なぎ主演のエピソード3「光へ、航る」の監督&脚本の太田光、クソ野郎★ALL STARS出演のエピソード4「新しい詩(うた)」で監督&脚本を務めた児玉裕一が登壇した。本記事では主に稲垣のコメントにフォーカスする。

【写真を見る】登壇者全員の記念ショット

稲垣は、今作について「僕ら(稲垣・草磲・香取)でこの間、同じ時に観させていただいたんですけども、それぞれエピソードに分かれていることもあって、他の二人の作品は知らなかったので、観客になったような気分で観させていただいて。素晴らしかったですね。本当に僕らと(観客の)皆様のメモリアルな作品になりますのでうれしい気持ちでいっぱいになりました」と感想を。

自身の主演エピソードである園子温監督の「ピアニストを撃つな!」については「トップバッターなので、スピード感というかドライブ感があって。ちょっとラブファンタジーでコメディの部分があったり」と紹介。

園監督から「シャワーシーンもあって。僕は何も着ていない状態で撮りたいと言ったら、稲垣さんも『ぜひとも』と…嘘です。それは嘘ですが、うまい感じにしました」と稲垣の色気が発揮されるシーンもあることを明かした。

また稲垣は他の二人の役について「みんな、やってそうでやってない役。今回のような静かな慎吾の役も、今までやってなかったわけじゃないけど、新しいなと思って見ていたし。草なぎくんの役もかなりぶっ飛んでいるというか」と語った。

そんな中、3人が出演するエピソード4の監督・児玉裕一が「エンドロールの曲を草磲さんと稲垣さんが歌ってらっしゃるんですけど、その歌がストーリー仕立てになっていて。それでまた2時間くらい撮ってみたいなと」と思いを語ると、会場からは大きな拍手が。

稲垣も「ぜひ歌詞にも注目してもらいたいなと思います」と児玉の提案に賛同した。(ザテレビジョン)