藤川京子

写真拡大

 翌日の桜花賞を控えて、場所も距離も牝馬戦である事も同じレースなので、馬場のコース取りなども参考になると思います。差しが上手く決まる馬場なのかも注目してみたいです。

 このレースで、差しで決めて来るのはリスグラシューとワントゥワン、ミエノサクシードだと思います。中段からはソウルスターリング、ジュールポレール、ミスパンテール、ラビットラン、レッドアヴァンセ辺りでしょうか。それと前走は休み明けで上手く動かなくなった可能性もあるアドマイヤリード。前残りのクインズミラーグロの展開だと思われます。

 戦って来たレベルを考えるならソウルスターリング。近走の着順は良くありませんが、レベルが違うレースですし、オークス馬でもあるので牝馬戦なら実力は高い方だと思います。強いて言えば、久しぶりの1600mの距離と休み明けということです。牝馬は気持次第なところも多いと言われています。やる気を失ってなければ大丈夫だと思われますのでイケると思います。

 そうなるとソウルスターリング、ミスパンテール、リスグラシューが有力ですが、この3頭が全部実力通りに走れるとは限りません。どれか1頭が調子悪かったり、展開の影響があると考える方が自然です。そうなると、後ろに控えていた上がりタイム実績のあるミエノサクシードが得意の末脚が生きてくると思われます。もう一つの展開のパターンを想定すると、昨年はこのレースで2着だったアドマイヤリードと昨年3着だったジュールポレール。ローズSの勝ち馬ラビットランの復活パターン。

 今回は、絞りきれないのでソウルスターリング軸の3連複でミスパンテール、リスグラシュー、ミエノサクシード、アドマイヤリード、ジュールポレール、ラビットランで流してみようかと思います。