イメージ

SHIFFT株式会社は5日、余剰食品(フードロス、廃棄食材)をなくし、ユーザーは安価で食材を手に入れられるサービス「Reduce GO」のアプリ(iOS/Android)をリリースした。


余剰食材イメージ

本アプリは、食材の無駄をなくし、お店の味を多くのユーザーに届けるとコンセプトにしたサービス。レストラン、飲食、小売店は、廃棄間近の食材を「マルゲリータ」「餃子と焼売セット」というように余剰食品として登録し、ユーザーは欲しいものを1日2回まで注文し、当該店舗で受け取ることができる。料金は月額1980円の定額制。

食材が捨てられるという無駄をなくし、CO2削減などの環境改善に役立ち、ユーザーはお店の味を安価で楽しむことができるというwin-winな関係のサービス。

なお、現在は登録している飲食店などが少なく、余剰食品が少ないために有料会員数に上限を設けている状態。ユーザーに対しては、生活圏内に余剰食品があるかどうかを確認してから有料会員の手続きをして欲しいと呼びかけている。

「Reduce GO」
URL:https://reducego.jp/
2018/04/02