羽田圭介の告白にスタジオが騒然/2015年撮影

写真拡大

4月5日放送の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)は「ジャンル別ギャラ事情SP」。ゲストに芥川賞作家や天才ジョッキー、カリスマセクシー女優など各業界のトップが出演した回を振り返り、その驚きべき収入に迫った。

【写真を見る】名倉潤から何度もツッコミが飛んできた/2009年撮影

元人気ジョッキーの藤田伸二にMCの河本準一(次長課長)が「実際、生涯どれくらい稼いだか自分で把握できるんですか」と質問。

すると藤田は「大体、25億ぐらい」とサラリと答えた。あまりの金額にスタジオが一瞬静まり返る中、河本がさらに「賞金総額とは別ですよね?」と聞くと「賞金総額は大体400億円くらい。それの僕らは5%なんで。まぁでも国税にも2回入られましたけどね」と藤田が自虐で答え、河本やMCの名倉潤(ネプチューン)などの笑いを誘った。

また、芥川賞作家の羽田圭介は、本の印税や超タブーの各テレビ局のギャラ事情などを大暴露。

「『スクラップ・アンド・ビルド』っていう芥川賞の受賞作は23万部刷られて。本の印税って10%なんで本の定価×10%×発行部数で誰でも計算できるんです。

だから定価が1300円なので、印税は2千数百万とか。別に大したことはないんです」と淡々と答える羽田。

「大したことじゃないことはないですよ」と河本にツッコまれながらも、印税と100万円の賞金は1円も使ってないという。

さらに羽田は芸能事務所には所属していないため、出演・ギャラ交渉もすべて自分で行っている。

現在同局の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」にレギュラー出演中だが「(ロケとか)いや〜、面倒くさいですね。(行程が)3泊4日なんですけど、ギャラも3泊4日分なんですね。

だからスタート地点が東京から遠い場所だったりすると、前乗り(前泊)してくださいって言われて。ゴールしてその日のうちに帰れないってなると、後泊もあるんですよ。

そうなると5泊6日になるんですよ。でも3泊4日のギャラしかもらえないのに、5泊6日拘束されて」とぼやく羽田のセコイ話に河本らは苦笑い。

続いて羽田は「そのギャラは、テレビ朝日の2時間のクイズ番組のギャラと同じなんですよ。テレ朝だったら8時間(収録)で済むのに、テレ東だと5泊6日って。同じギャラでこんなに違うのかなぁって」とさらに話を続け、「もう金で仕事してるやん」と河本を筆頭にスタジオは大爆笑に。

ギャラにとにかくうるさい羽田に河本が「この番組のギャラは大丈夫でした?」と聞くと「割と安めなんですけど」と答える羽田。

名倉が「この番組は深夜ですわ、その辺は考えてください」と言うと「僕も考えたんですよ。旅行とかもGW明けって結構安いじゃないですか。自分もテレビの仕事少なめの時期だったんで、まぁ安くてもいいかなって」と答える羽田。

「誰がオフシーズンやねん!」と河本がツッコみつつ、「一番安い局はどこですか?」と質問。

「一番いいのはテレ朝です。まぁでもこの番組のギャラは安かったんですね」としつこく話す羽田に「何回言うねん!」と名倉もあきれ返った。

最後は先々月、先月、今月のギャラをお笑い芸人タッチの「ちょっと、ちょっとちょっと」というリズムで告白する、という番組おなじみの質問に対し羽田は「300(万円)、200(万円)、200(万円)」と正直に暴露し、スタジオを盛り上げた。

ネットでは「藤田伸二元騎手の話ってやっぱり面白い!!」「路線バスとテレ朝の2時間のクイズ番組のギャラが同じ!?」など、知られざるお金の話に盛り上がりをみせた。

次回の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」は、4月12日(木)深夜0時12分より、不倫現場を文春砲ですっぱ抜かれ大転落した元国会議員の騒動の真相、公認愛人のいる生活を選択した夫婦と愛人の(秘)生活などの衝撃話を大暴露する予定。(ザテレビジョン)