牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)は、ラッキーライラック(牝3歳/父オルフェーヴル)の断然ムードにある。

 GI阪神ジュベナイルフィリーズ(2017年12月10日/阪神・芝1600m)を含めて、ここまで4戦4勝。舞台となる阪神・芝1600mでも、2戦負けなしだ。前哨戦となるGIIIチューリップ賞(3月3日/阪神・芝1600m)でも、休み明けながら後続に2馬身差をつける完勝劇を披露。同レースから本番に臨んだ馬が過去20年で13勝と、ローテーション面での好相性も踏まえれば、もはや付け入る隙はなさそうである。

 だが、ラッキーライラックで本当に決まりなのか。

 チューリップ賞組がデータ的に有利であることを先に記したが、桜花賞馬となった13頭のチューリップ賞での着順を調べてみると、実は1着馬はわずかに3頭。逆に2〜4着馬が9頭と、桜花賞には「前哨戦からの巻き返し」という歴史があることがわかった。

 ちなみに、チューリップ賞→桜花賞と連勝を飾った3頭(2001年のテイエムオーシャン、2009年のブエナビスタ、2014年のハープスター)も、それ以前に一度は敗戦を経験している。要するに過去20年において、チューリップ賞経由で無敗のまま桜花賞を制した馬は1頭もいないのである。

 そうなると、”前哨戦からの巻き返し”という歴史が今年も繰り返されるのではないだろうか。はたして、その逆転候補となるのはどの馬なのか。

 該当するのは、チューリップ賞で2〜4着に入ってここに挑む馬。2着マウレア(牝3歳/父ディープインパクト)、3着リリーノーブル(牝3歳/父ルーラーシップ)の2頭になる。



桜花賞での巻き返しを狙うリリーノーブル

 とりわけ、魅力を感じるのは叩き2戦目となるリリーノーブルだ。阪神JFでは、ラッキーライラックに4分の3馬身差という接戦を演じている。ここまで2戦2敗ではあるが、「決して勝負づけは済んでいない」と、デイリースポーツの大西修平記者は言う。

「チューリップ賞では3着に終わり、2歳女王ラッキーライラックだけでなく、阪神JF3着のマウレアにも先着を許したリリーノーブルですが、本番ではきっちり巻き返してくると見ています」

 逆転の根拠について、大西記者はこう続ける。

「前走のチューリップ賞は休み明けのせいか、道中で少し力んで、前向きすぎる面が感じられました。その分、最後の伸びを欠いたイメージがあります。しかし今回は、一度使われたことによって、落ち着きを取り戻してきています」

 そもそもルーラーシップ産駒は、休み明けよりも使われながらよくなる傾向が強いとされている。実際、芝1600mのレースに限ると、チューリップ賞のような休み明けでは1度も勝ったことがなく、最も高い勝率(22.2%)を残しているのは、中4〜8週のレース間隔である。

 つまり、今回のようなステップ(チューリップ賞から中4週)こそ、ルーラーシップ産駒にとって、最も高いパフォーマンスを発揮できる条件なのだ。再び大西記者が語る。

「馬体そのものは、前走でも上々の仕上がりでした。それでも、しっかりと”お釣り”を残したトライアル仕様だったように映っていましたね。今回は、一度使われた上積みが大きく、馬体はより引き締まって、動ける体になっているのは間違いありません」

 デビュー時の馬体重が502kg。以降も494〜498kgという馬体をキープしており、リリーノーブルは比較的大型の牝馬である。一度使われての効果は、他の馬以上に大きいはずだ。

 そんな、どちらかと言えば”叩き良化型”でありながら、リリーノーブルは新馬戦もあっさり勝ち上がっている。同馬はそれだけ、レースセンスが優れているということ。大西記者が言う。

「リリーノーブルはスタートが速く、どんな位置にあっても競馬ができるセンスのよさを持ち合わせています。その最大の長所であり、持ち味は、大舞台で結果を出すには欠かせないものです。さらに、この中間の攻め気配からは、末脚の破壊力が増してきた印象があります」

 レースを翌週に控えた3月29日には、坂路で3ハロン38秒1、ラスト1ハロン12秒1と、軽快な動きを見せたリリーノーブル。その動きは、チューリップ賞の前週よりも、明らかに鋭さを増していた。

 また、鞍上が先々週のGI高松宮記念をファインニードルで制した川田将雅騎手というのも心強い。

「大舞台に強い川田騎手が、本番できっちりとリリーノーブルの力を引き出してくれるはず。前走以上のパフォーマンスを期待していいと思いますよ」(大西記者) 父ルーラーシップ、祖母バプティスタと、血縁はクラシックに駒を進めたものの、戴冠を遂げるまでには至らなかった。そんな一族の”無念の歴史”に、リリーノーブルがついに終止符を打つのか、必見である。

◆ラッキーライラック対アーモンドアイ。桜花賞バトルはどちらが勝つか>>

◆アンカツ氏が自信ありげ。桜花賞、オークスを占う「3歳牝馬番付」>>