5月4日(金)公開の映画「ラプラスの魔女」の完成記念イベントが行われた/撮影=阿部岳人

写真拡大

東野圭吾のベストセラー小説を映画化した「ラプラスの魔女」(5月4日・金公開)の完成記念イベントが4月4日に東京ミッドタウン日比谷ステップ広場で開催され、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰、志田未来、佐藤江梨子、高嶋政伸、三池崇史監督が登壇。レッドカーペットを歩いた櫻井が「外タレ気分です」とイベントに集まった約1000人のファンを前に笑顔を見せた。

【写真を見る】イベント終了後も、声援に応え続ける櫻井翔/撮影=阿部岳人

本作は、櫻井が映画「神様のカルテ2」(2014年)以来、4年ぶりの単独主演を果たし、謎多き事件の解決に当たる生真面目な大学教授を演じるミステリー。3月29日にオープンした同会場で日本映画の完成記念イベントが行われるのは、この日が初めて。櫻井は「(日比谷の)ミッドタウンが完成したと聞いて、行ってみたいなと思っていた。レッドカーペットを歩く形で来られるとは思っていなかった」とニッコリ。レッドカーペットでファンと触れ合うと共に、テレビ局のインタビューにも答えたが「外タレ気分です。今、すごい高揚感でいっぱい」とおちゃめに語り、会場の笑いを誘った。

「ヤッターマン」(2008年)以来となる三池監督とのタッグ。櫻井は「およそ10年の時を経て、全く違うテイストの作品でご一緒できたのがうれしい」と喜びを噛み締め、「故郷に帰ってきたというか、昔のクラスメートとの再会といいますか。『ヤッターマン』の時と同じスタッフの方も何人もいましたので、気心を知れた皆さんとの撮影。10年も経ったのかと思うほど、柔らかい空気の中で撮影させていただいた」と充実感たっぷりに三池組での撮影を振り返った。

三池監督も「全然、変わらない」と全く時間の経過を感じなかったそうで、「(櫻井は)現場に入りたてのスタッフも我々も同じに接する。すごく気軽に声を掛けやすい。トップスターで居続ける人間がどのスタッフとも縦ではなく、横で付き合えるのは、実はすごく難しいこと。みんなファンになっていました」と櫻井の気さくな一面に現場の誰もがゾッコンだったという。

広瀬も「壁を作らないでいてくださる」と証言。櫻井は「うれしい」と目尻を下げ、「広瀬さんが『翔さん、トレーニングしましょう』と言って。スクワットやダッシュなどガチなヤツ。クライマックスの撮影前にも“広瀬ズブートキャンプ”が始まった」と撮影の合間には広瀬と猛訓練をしていたことを告白。撮影が始まるころには汗だくだったそうで、「非常に強く反省しています」と話していた。(ザテレビジョン)