野性爆弾・くっきー

写真拡大

 4月2日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)で、野性爆弾・くっきーが特集された。破天荒すぎる芸風や斬新なアートセンスに注目が集まる人気芸人の素顔に迫った。

 くっきーは自身の活躍について「今やってられるのは、芸人が面白いって言ってくれてたから」と、客に芸風が理解されなかった時代に評価してくれた芸人仲間について言及。「お客さんが笑わなくても、袖に帰ったら芸人が笑ってくれる…それだけで首をつないできた」と感謝した。

 苦しい時期があったからか、今でもくっきーは芸人仲間に常に優しく接しているようだ。レイザーラモンRGは「ホンマに優しくて、全部ツッコんでくれる」と話し、ガリットチュウ・福島善成も「(福島の)本当の貧乏時代に子どもが2人いまして、『(お金がなくて)クリスマスプレゼントを子どもにあげられない』と話したら、クリスマス当日に師匠(くっきー)からクリスマスプレゼントが送られてきた」とくっきーの優しい横顔を明かした。

 さらに番組は、親交のある人物からくっきーの人柄を聞き出した。高校時代にくっきーとバンドを組んでいた男性は、くっきーとケンカしたときの出来事を回想。「(ケンカした)夜に、近くの神社に呼び出されて『殴ってくれ、俺が悪かった。許してくれ』」と謝ってきたことを明かした。「『ケンカしたぐらいで友だちじゃなくなるわけじゃないぞ』と僕が言った時に、涙を流して…涙もろいですね」と笑顔を見せた。

 くっきーの母・清美さんは高校時代の息子の姿を思い出す。「生徒会長をしてて、『生徒会長にして良かった』ってみんな言ってた。(くっきーは)卒業式で『ありがとう。今までゴメンな。迷惑かけた』と言ってポロポロ泣いてた」とくっきーの涙もろい性格を明かした。

 ネット上では「芸風と優しさのギャップが素敵」「もっと好きになった」「顔が怖くて苦手だったけど応援しよ」と称賛する声が多く寄せられた。

 昨年10月に原宿で開催した展示イベント「超くっきーランド」には、3日間で1万人以上が来場。くっきーの注目度は日に日に増している。優しさと才能を併せ持つ男が、今後どのような笑いを私たちに見せてくれるのか楽しみにしたい。