中国外務省の副報道局長が3日の記者会見で、北朝鮮が新たな核実験に向けた準備と受け取れる動きをしているという河野太郎外相の発言について、朝鮮半島情勢の緊張緩和に向け各国が努力している中で「足を引っ張ることのないように望む」と述べ、不快感を示した。共同通信が報じた。

 副報道局長は、緊張緩和に向けて米国を含めた各国が努力し、一定の成果も出ていると強調。一方で「そうした過程の中で、日本は冷遇されているようだ」と述べ、北朝鮮を巡る各国の外交が活発化する中で取り残されたとして、日本を当てこすった。

中国、河野外相発言に不快感示す 北朝鮮情勢で「足引っ張るな」(共同通信)