『母という名の女』 ©Lucía Films S. de R.L de C.V. 2017

写真拡大

映画『母という名の女』が6月から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(2枚)】

メキシコのリゾートエリアである、バジャルタの海辺に建つ別荘に暮らす姉妹を描いた同作。17歳の妹の妊娠をきっかけに、疎遠になっていた母が呼び戻されるが、妹の出産後、母が陰のある自身の欲望を再現していく様を描いたミステリー作品だ。原題は『April's Daughter』。

献身的に娘であるヴァレリアの世話をする母・アブリル役はペドロ・アルモドバル監督『ジュリエッタ』でも母親役を務めたエマ・スアレス。17歳で妊娠する妹・ヴァレリア役をアナ・ヴァレリア・ベセリル、電話で母を呼び戻す姉・クララ役をホアナ・ラレキ、ヴァレリアの子の父親で、クララが経営する印刷所でアルバイトしていた17歳の少年・マテオ役をエンリケ・アリソンが演じる。撮影は『ホーリー・モーターズ』のイヴ・カープが務めた。監督は『父の秘密』『或る終焉』のミシェル・フランコ。