赤江アナ復帰のタイミングで産休に入った吉田アナ(TBS HPより)

写真拡大

 2月28日の毎日新聞に名古屋市在住の28才男性から、〈私は妻と一緒に園長先生に頭を下げに行きました。「子どもができてすみません」〉という投書が掲載された。

 男性の妻が保育士を務める保育園では、結婚の時期と妊娠の順番を園長が決めているという。そして、夫婦はこの「掟」を破って予定外の妊娠をしたため、男性と妻は園長に謝罪したという内容だった。その後も、園長からの嫌味は続き、肩身がせまい思いをしているという。

〈子どもを育てる職業がこんな環境であるこの国は子育て後進国です〉

 そう綴った。この新聞投書が女性たちをザワつかせた理由は、「保育園問題」ばかりではない。

 大手金融会社に勤務する永井麻美さん(仮名・35才)は投稿した夫に首を傾げる。

「この旦那さんは奥さんのことを何もわかっていないのでは…。実際に私の会社でも暗黙の了解として妊娠の順番がありました。この奥さんは今後も同じ保育園で働かなければならないからこそ、波風が立たないように謝ったのだと思います。それなのに、事もあろうに新聞に投稿するなんて。私が奥さんの立場なら、『私が苦労して築き上げた人間関係が壊れたらどうしてくれるの!』と怒りをぶつけますね」

 女性の社会進出が進んだ現在、働く女性が社会で生き抜くために、「忖度」は必要不可欠だ…これが永井さんの発言の真意だ。事実、永井さんのように妊娠の順番に気を使う女性は今も決して少なくない。『ルポ保育崩壊』(岩波新書)著者でジャーナリストの小林美希さんが言う。

「職場に妊娠を報告する時、『この度は誠に申し訳ありません』と謝罪するのは保育士だけでなく、多かれ少なかれ、どの業界でもあります。なかでも多いのは看護職、介護職など、保育士と同じく需要が多いのに人手不足の職場です。とくに看護師の世界では妊娠すると“事故欠が出た”などと言われます。大手企業の総合職でも、“代わりとなる人材がいない”と妊娠が嫌がられる傾向があります」

 だからこそ“女性同士の人間関係作り”が重要となる。都内在住の会社員・関口由美さん(仮名・37才)が言う。

「私の会社にも暗黙の了解として妊娠輪番制があります。忙しい職場ですが順番に産休を取ることで“お互い様”の精神が生まれて、女子社員同士が連帯できました。自分が休んだ時に『おめでとう』と同僚から気持ちよく送り出してもらえたからこそ、私も後輩から妊娠の報告を受けた時には『おめでとう。後は心配しないで』と気持ちよく送り出せました」

 そんな「女の連帯感」を感じさせるのが、TBSの女性アナウンサーだ。TBS関係者が言う。

「2017年3月にTBSラジオのレギュラーだったフリーの赤江珠緒アナ(43才)が産休を取ったことを皮切りに、加藤シルビアアナ(32才)が続き、赤江アナが復帰したタイミングで吉田明世アナ(29才)が産休に入りました。

 先日婚約した笹川友里アナ(27才)も吉田アナ復帰のタイミングで産休入りするのではと局内で囁かれるほど、“鉄の結束”があります。『女子アナ全員で助け合って仕事の穴を埋め、みんなで幸せになろう』とのムードが蔓延しています」

 女性がフルタイムで働くことが当たり前になった時代だからこそ、所属する組織で結婚・出産というライフプランに対し、理解を得られるように振る舞うことも大切なスキルとなっているのかもしれない。

◆「忖度しまくり女」からの脱却

「そもそも女性は社会に出れば、結婚・妊娠・出産以外にも『輪からはみ出しすぎてはいけない』という空気を感じることは多い」と語るのはコラムニストの犬山紙子さんだ。

「今の時代、女性の先輩や上司にかわいがってもらえるかどうかはキャリアにも大きく影響します。虎視眈々とできるならいいですが自分に自信がなく、組織や内輪からはみ出して嫌われることを恐れる女性ほど、周りを忖度する傾向があります」(犬山さん)

 犬山さんも以前は「忖度しまくり女」だったと言う。

「嫌われることを恐れるあまり、初対面の女性にさえ『私、本当にモテないんです』と自虐。『アイシャドーはどっちがいいと思いますか』など、プライベートに関する不必要なアドバイスを先輩にこれでもかと求めて、相手の“助言欲”を満たそうとした時期もあります。これは、『私はあなたより下なのだから、目をつけないでくださいね』と暗に伝える“逆マウンティング”なんです」(犬山さん)

 通常のマウンティングは、「私はあなたより上よ」と暗に伝えることだが、犬山さんは「私が下」と伝えることで自己防衛をしたのだという。

「逆マウンティング」に共感する女性は多い。北海道在住の相沢美希さん(仮名・24才)が言う。

「自分で言うのも何ですが、私は身長165cmでわりとスタイルもいい。でも子供の頃から目立つと嫌がらせをされ続けてきたので、社内ではヒールの低いペタンコ靴を履いて、立つときは微妙に猫背をキープしています」

 都内在住の主婦・杉山加奈さん(仮名・38才)も逆マウンティングはお手の物。

「昔から洋裁が得意で幼稚園の子供に持たせるエプロンならサッと作れるけど、ボスママに『私、お裁縫が苦手なんで作り方を教えてもらえますか』とすり寄っています」

『感情の整理ができる女は、うまくいく』(PHP刊)の著者で作家の有川真由美さんは、女性が女性に過剰に配慮する背景には、「調和」というキーワードがあると指摘する。

「女性は昔から村社会のなかでみんなで支え合って生きてきたので、“調和を乱さない”というルールを徹底して尊重します。出る杭は打たれる運命にある女性社会を生き抜くには、“私は調和を乱す存在ではありません”とアピールすることが何より大事。だから女性は忖度に走るのです」

 きっと冒頭の投稿者の妻も妊娠が発覚した際、喜びとともに大きな不安を感じたことだろう。それまで培ってきた“調和”を乱すことになるわけなのだから…。男性が思う以上に女性が社会で生き抜くことは困難を伴うのである。

 前出の永井さんが言う。

「投稿した旦那さんは奥さんのためを思っての行動だったかもしれませんが、怒りのままに行動すること自体が“男性的”で、働く女性の気持ちを理解しているとは思えません。もっと世の男性には、女性が社会で人間関係を築く上で繊細に行動しているということを知ってほしいです」

※女性セブン2018年4月12日号