昨年からGIに昇格した大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)。おかげで、GI天皇賞・春(京都・芝3200m)への「ひと叩き」という側面をわずかに残しつつも、春の中距離、2000m戦の「チャンピオン決定戦」という一面が明らかに強まった。

 現に、昨年はその両面を持ったキタサンブラックが磐石の競馬で勝利を収めたが、2、3着には天皇賞・春にはまったく見向きもしない”2000mのスペシャリスト”であるステファノスとヤマカツエースが入線した。そして3連単は、意外にも2万円超えの好配当となった。

 ステファノスとヤマカツエースは、ともに前哨戦となるGII金鯱賞(中京・芝2000m)からの参戦だった。GI昇格2年目となる今年、同様のステップを踏んできた面々による、2000m戦の”頂上決戦”という傾向が一段と色濃くなるのだろうか。

 デイリー馬三郎の吉田順一記者はこう分析する。

「今後は、2000m戦のスペシャリストというか、ここを目標とした馬がより活躍することは間違いないでしょう。左回りの中京・芝2000mと、本番の阪神・芝2000mとは別物の印象を受けますが、そこをステップにした馬がいきなり2、3着に来た点にも、一応注意を払いたいですね。

 しかしながら、今年の金鯱賞は同じ稍重だった前日の500万下のレースより、コンマ7秒も遅い決着。超のつくスローペースで、全体時計が遅くなったことによる影響でしょうが、今の時計の速い阪神の馬場を考えると、今年は大阪杯への関連性は薄いかもしれません」

 その金鯱賞を勝ったのは、昨年のダービー2着馬スワーヴリチャード(牡4歳)。逃げ粘るサトノノブレス(牡8歳)を最後のひと伸びでかわしての勝利だった。

 日刊スポーツの太田尚樹記者は、そのスワーヴリチャードに疑いの目を向ける。

「前哨戦を勝って1番人気が予想されるスワーヴリチャードですが、やはり本番では右回りになるのが懸念されます。その前哨戦、金鯱賞では今回の内回り2000mという舞台を見据えて先行策をとり、道中では行きたがるのをなだめながらでしたが、きっちり勝利をものにしました。それは、同レースを含めて5戦5連対の左回りだったからでしょう。

 ところが、今度は4戦1勝、2着1回、着外2回と、左回りに比べて振るわない右回り。昨年末の有馬記念(4着。中山・芝2500m)でも見せたように、右回りだと内へもたれるところがどうしてもあります。

 大阪杯はGI以前の結果も含めて、1番人気は過去10年で4勝、2着3回、3着2回、着外1回と複勝率は90%にもなるんですが、今年はそこまでの信頼は置けません。スワーヴリチャードが人気をかぶるようなら、むしろ過去10年で6番人気以下の馬が7連対している、という点に重きを置きたいですね」

 吉田記者はもう1頭の人気馬、金鯱賞(3着)で久々を叩き、ここで復活を期すサトノダイヤモンド(牡5歳)について疑問視する。

「サトノダイヤモンドに関しては、昨秋の凱旋門賞(フランス・芝2400m)の大敗(15着)が心身ともにどう影響しているのか、それを確認する一戦が金鯱賞でした。最後、きっちりと前に詰め寄ったことは明るい材料ですが、なかなかエンジンがかからずに3着に終わったことも事実です。

 スワーヴリチャードとともに、ヨーイドンの競馬で上がり33秒台をマークしましたが、それはあくまでもペースによるもの。この数字に騙されてはいけません。2頭とも磐石とはいかないでしょう」

 スワーヴリチャードも、サトノダイヤモンドも、その戦績や血統から見て、どちらと言えば2000mより2400m戦に適した馬という印象がある。とすれば、やはり狙い目は距離適性がよりここに近い馬、ということになる。

 そうした視点から、太田記者は昨年のマイルCS(京都・芝1600m)の勝ち馬ペルシアンナイト(牡4歳)を穴馬に指名する。


昨秋のマイルCSを制したペルシアンナイト

「前走の中山記念(2月25日/中山・芝1800m)では、上位3頭がいずれも4コーナーで1〜3番手にいた前残りの展開。そうした流れのなか、ペルシアンナイトは出遅れが響いて5着に敗れましたが、ゴール前の脚勢(あしいろ)は際立っていて中身の濃いレースでした。

 昨秋も休み明け初戦の富士S(東京・芝1600m)5着から、マイルCSでは一変して戴冠。叩いて、ガラリと変わる馬です。今回もひと叩きした上積みは大きいと思います。

 管理する池江泰寿調教師も、『(ペルシアンナイトは)コテコテのマイラーではない。ステイヤー並みの心肺能力で、その数値はウチの厩舎の中ではナンバー1。それをレースで生かし切れれば……』と好結果を見込んでいます。距離的には、皐月賞(中山・芝2000m)2着の実績もありますし、勝ち負けになる力の持ち主だと思います」

 一方、吉田記者はペルシアンナイトと同じ池江厩舎のアルアイン(牡4歳)を最有力としながら、人気が予想されるため、穴馬としてトリオンフ(せん4歳)を推奨してくれた。

「トリオンフは大型馬で大跳びのため、速い脚はありませんが、小回りのコーナーリングが上手で、しっかりと加速して長くいい脚が使えるタイプです。

 阪神の芝は今週からBコースに変更。昨年も、Bコースの内回りは前が強い傾向があって、今年のこれまでの馬場状態を鑑(かんが)みれば、穴は前で流れを作れる組ということになります。馬場が軽くて時計が出るため、適性以上に距離がもってしまうのも今の阪神。内回りの2000mなら、1600mや1800mで良績を残している馬を積極的に狙いたいところです。

 トリオンフはまさにそんな馬。まだまだ伸びしろが見込め、ゆったりとしたローテーションも魅力。この相手にも臆することなく、近走同様に積極的な立ち回りができれば、GI戦でも一気に頂点へ上り詰めることは可能でしょう」

 吉田記者はもう1頭、「大穴」として関東の好調馬の名前も挙げる。

「1600mや1800mに良績を残していることを考えれば、ここに来て充実一途のウインブライト(牡4歳)にもチャンスはありそうです。ここ一連の前付けからの安定したレースぶりは、この舞台でも変わらずに実践できるはず。それは、かなりの強調材料になると思いますよ」 GIとなった大阪杯は”荒れる”レースとして定着するのか。屈指の好メンバーがしのぎを削る、ハイレベルな戦いに注目である。

◆大阪杯は「GI馬に勝てるわけねーよ」と思われた穴馬4頭が大暴れだ>>

◆血統が「勝つ」と言っている。大阪杯はサトノダイヤモンドの復活舞台>>