例年、iPhoneリリース前の8月に発表される傾向があるGALAXY Noteシリーズですが、今年は早ければ7月頃にGalaxy Note 9が登場する可能性が浮上しています。

理由はGalaxy S9が不調だから?

韓国メディアThe Investorの報道によると、Galaxy Note 9は例年よりも早い7月の段階でリリースされる可能性があるそうです。というのも、同モデルに用いられるアクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)ディスプレイの生産が、例年の6月から4月へと前倒しになっているからです。
 
はっきりとした理由は分かっていませんが、同メディアは2つの理由を可能性として挙げています。1つ目はSamsungが最近発売したGalaxy S9の売り上げが芳しくないこと、そして2つ目はiPhoneが出るまでに売り上げを確保したいという思惑です。
 
仮にS9の売り上げがSamsungの予測を下回っているのならば、例年のようにiPhoneリリースの直前に発表というスタイルをとるのは、リスクが高すぎるということでしょう。

指紋認証センサーのディスプレイ内搭載は?

Galaxy Note 9は、ディスプレイのサイズが6.38インチとなり、現行モデルのNote 8の6.32インチよりもわずかに大きくなると考えられています。
 
また注目を集めているのが、指紋認証センサーのディスプレイ内埋め込み技術です。来年に先送りされるという観測もあれば、搭載されるという見方もあり、はっきりとしたことは分かっていません。
 

 
HuaweiやVivoといった中華ベンダーがすでに同技術を搭載したスマートフォンを市場に投入していることもあり、スマートフォン業界シェアでトップをひた走るSamsungへの期待は、否が応でも高まりつつあります。
 
しかし、Huaweiの該当モデルは20万円超えという事実を考えると、埋め込みを可能にするセンサーの大量生産が、現状では軌道に乗っていない可能性があります。
 
 
Source:The Investor
(kihachi)

投稿 Galaxy Note 9、早ければ7月にもリリースか は iPhone Mania に最初に表示されました。