『ONLY SILVER FISH -WATER TANK OF MARY'S ROOM』ポスタービジュアル ©2018「ONLY SILVER FISH」製作委員会

写真拡大

映画『ONLY SILVER FISH -WATER TANK OF MARY'S ROOM』の「生」予告編とポスタービジュアルが公開された。

【動画と画像を見る(13枚)】

同作は、2007年に初演され、今年の1月に再演された舞台『ONLY SILVER FISH』の映画版。洋館に集められた男女が、本当の名を呼ぶことで過去を振り返ることができると言われている魚・オンリーシルバーフィッシュを巡ってゲームを行なう中で、やがてこのゲームの本当の意味を知るというあらすじだ。舞台版のアナザーストーリーとなる映画版では、舞台版と同じキャストが別のキャラクターとして登場。

出演者は松田凌、皆本麻帆、玉城裕規、高柳明音(SKE48)、伊藤裕一(お座敷コブラ)、山口大地、小槙まこ、双松桃子、菊地美香、辻本耕志(フラミンゴ)、中村誠治郎、川本成(あさりど)の12人。監督は、舞台版の演出、脚本を手掛けた西田大輔(AND ENDLESS)が務めた。同作は西田の初監督作。公開は今秋。

今回公開された予告編は、映画版の予告編を出演者12人が生で演じる「生予告編」として舞台の千秋楽後に披露されたもの。あわせてポスタービジュアルが公開された。

松田は「観ていただいたらわかると思うんですが、『絶対に目を瞑れない映画』」、皆本は「普通の人が一人も出てこない映画」、玉城は「西田さんの口癖ですけれど、『世界に行く映画』です」、高柳は「私がスケスケな映画です!」とそれぞれ述べている。

■松田凌のコメント
観ていただいたらわかると思うんですが、「絶対に目を瞑れない映画」。

■皆本麻帆のコメント
普通の人が一人も出てこない映画。

■玉城裕規のコメント
西田さんの口癖ですけれど、「世界に行く映画」です。

■高柳明音(SKE48)のコメント
私がスケスケな映画です!

■伊藤裕一のコメント
舞台が皆様への招待状だとしたら、映画は挑戦状です。

■山口大地のコメント
開始心拍数0。終了心拍数2000。

■小槙まこのコメント
愛の映画です。

■双松桃子のコメント
最高の映画です!サイコパスな映画です!

■菊地美香のコメント
今までに見たことがないラブシーンが見られる映画です。

■辻本耕志のコメント
“パーン”な映画です。

■中村誠治郎のコメント
2回見たくなる映画です。

■川本成(あさりど)のコメント
予測できない映画です。