『The Ice King(原題)』 ©Copyright New Black Films Skating Limited 2018

写真拡大

映画『The Ice King(原題)』が2019年に公開される。

【画像と動画を見る】

同作は、「氷上のヌレエフ」と称され、バレエのメソッドを取り入れた演技で1976年にインスブルックオリンピックのフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得したフィギュアスケート選手ジョン・カリーを捉えたドキュメンタリー。同性愛者であることを公表した初のメダリストとなったカリーの競技者としての姿や、バレエを「男らしくない」という理由で断念せざるをえなかった少年時代の父親との軋轢、プロ転向後の苦悩を、自身が立ち上げたカンパニーによる世界各地での公演、1984年に来日した際の模様を映した映像や、関係者へのインタビューと共に綴る。

出演者はカリーに加えて、ディック・バトン、イアン・ロレッロ、ジョニー・ウィアー、ロビン・カズンズら。監督はジェイムス・エルスキンが務めた。