全てのモンスターが究極進化するかのように表示していた

写真拡大

消費者庁は28日、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(ガンホー)のスマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」で景品表示法違反があったとして、5020万円の課徴金を命じた。

課徴金の対象となったのは、「パズル&ドラゴンズ」で昨年2月13日から2月26日まで実施された「特別レアガチャ『魔法石10個!フェス限ヒロインガチャ』」。13体全てのモンスターが「究極進化」の対象となるかのように表示していたが、実際には2体だけを「究極進化」の対象としていた。残りの11体は「究極進化」ではなく「進化」の対象だった。