トップ下で起用された柴崎。随所にセンスを見せ、FKから槙野のゴールもアシストして結果を残した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ]日本1-2ウクライナ/3月27日/スタッド・モーリス・デュフラン

 シュート8本で1得点。敗戦を喫したウクライナ戦の出来を柴崎岳(ヘタフェ)はネガティブに捉えていないようだ。
 
 仮想ポーランド戦と位置付けた27日のウクライナ戦。23日のマリ戦(1-1)で多くの課題を残した日本の戦いぶりに注目が集まったが、またしても結果を残せなかった。
 
 試合後、柴崎の口から最初に出てきたのは守備の課題だ。「マークのずれは多少あったにせよ、ボールを取る手前までは作れていた」とマリ戦からの改善した点を述べつつ、「最後のところでもう一歩踏み込めず、ボールを当たり前に運ばせてしまった」と奪い切れなかった守りを猛省した。
 
 一方で攻撃に関しては決して悪い展開ではなかったという。とりわけ、柴崎が手応えを口にしたのは、「ゴール前まで運べているシーンがあった」部分だ。
 
 長短のパスを織り交ぜつつ、スペースを巧みに使いながら相手ゴールに迫る。「ショートパスを繋ぎながら、サイドチェンジをしながら、組み立てているシーンはありました。そういうシーンが出来ると、前で押し込めて時間が作れる」と、柴崎は狙い通りの形が何本かあったと明かす。
 だからこそ、柴崎は手応えを得た形を増やせるかが大事だという。

「個人のアイデアの部分もありますし、クロスなのかシュートなのかは個人の判断に委ねられる。上手くいっていないところはあるけど、上手くいっているところをどう増やしていくかだと思う」
 
 シュート数も試合を通じて8本と少なく、ゴール前の迫力も欠いた。その状況を改善するには、柴崎が言うようにウクライナ戦の良いイメージを次につなげていくしかない。

【PHOTO】日本1-2ウクライナ|槙野の同点ヘッドは実らず。欧州遠征は2連敗…