『Godzilla Nights』イメージビジュアル ©TOHO CO., LTD.

写真拡大

屋外アトラクションイベント『Godzilla Nights』が5月下旬に東京・日比谷シャンテの日比谷ゴジラスクエアで開催される。

【もっと画像を見る(5枚)】

同イベントでは、MRを実現する「Microsoft HoloLens」と、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」のAIサービスを活用。Microsoft HoloLensでは現実世界の中にホログラムを配置して現実とデジタルが融合した世界を様々な角度から見たり、デジタルコンテンツを操作することが可能だ。なお同イベントは本日3月27日からスタートした近未来の消費体験を創造するプロジェクト『HIBIYA 2018』のショーケースとして行なわれる。

Microsoft HoloLensを装着すると、全長118.5mのゴジラが出現。参加者は巨大不明生物特設災害対策本部でミサイルによる日比谷防衛作戦を体験できる。イベントは1週間にわたって実施、1日25人限定で招待される。参加方法などの詳細は後日発表予定だ。

また、5月下旬から日比谷シャンテの地下2階休憩スペースにデジタルサイネージを設置。利用者の年齢、性別や表情をマイクロソフトのAIプラットフォーム「Microsoft Cognitive Services」で分析し、最適な映画の予告編を自動編成して放映するサービスや、施設内の全店舗にセンサーを設置して、各店の現在の混雑状況を表示する施策も行なわれる。