『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』 ©2018 STUDIO PONOC

写真拡大

映画『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が8月24日から全国公開される。

【動画と画像を見る(12枚)】

同作は、元スタジオジブリの西村義明が代表を務めるアニメーション制作会社・スタジオポノックの新作プロジェクト『ポノック短編劇場』の第1弾。「ちいさな英雄」をテーマに据えて、『メアリと魔女の花』などの米林宏昌監督による初のオリジナル作品『カニーニとカニーノ』、母と少年の愛を描いた百瀬義行監督の『サムライエッグ』、見えない男の孤独な闘いを描く山下明彦監督の『透明人間』の短編3作品で構成される。

なお『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』には、オダギリジョー、尾野真千子、田中泯、中田ヤスタカ、村松崇継らの参加も明らかになっている。今回の発表とあわせて特報が公開された。

■西村義明(スタジオポノック)のコメント
スタジオジブリ制作部門の解散後、子供から大人まで楽しめるアニメーション映画を作りたい、という思いで「メアリと魔女の花」を作りました。怒濤のような日々で精根尽き果て空っぽになりました。「メアリ」が終わってから、映画業界を客観的に見てみると今は配信サービスもあるし、もう十分に映像が溢れている世の中です。そんな状況の中で、なぜ新しい映画を作るのか。今までと同じことではだめだと思いました。高畑勲、宮崎駿の2人の先駆者は、常に新しい表現を追求していました。子供から大人まで楽しめるワクワクするような映画を作るには、次なるステップを、自分たちでその場所を作らなきゃならない。短編でなら、新しい才能たちとその挑戦ができるかもしれないと思いました。
挑戦は大会社か、もしくは僕らのような吹けば飛ぶ会社じゃなきゃできない。3作品はそれぞれ挑戦があり、スタジオポノックは一人一人のクリエーションの才能を発揮できるいい場所になるのではないか、そう思っています。
『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』では、マーベルのようなスーパーヒーローじゃないけれど、先行きの見えないこの世の中に何を提示できるかと思った時に、一生懸命生きて自分たちに勇気を与えてくれた僕らにとっての小さな英雄たちを描きたいと思いました。

■市川南(東宝)のコメント
「メアリと魔女の花」が終わった後に、ジブリにゆかり深い実力派の3人による短編を作る、東宝で配給してもらえないかという提案を西村さんからもらいました。アニメ―ションの短編作品を配給するのは東宝では初めてだと思います。夏に向けて制作するという強い意志と意気込みを聞き、夏の公開は激戦ではありますが100館を超える中規模のスクリーン数で8月24日公開と決めさせて頂きました。スタジオポノックの新しいチャレンジを全面的に応援したいと思います。