ブリスターコミックス 撮影:橋本千尋(P.M.A.トライアングル)

写真拡大

実写映画や海外ドラマをきっかけに、魅力的なヒーローやヴィランズたちを「より深く知りたい!」と思わずにいられなくなるアメコミの世界。

【アメコミ】初心者おすすめ作品はこれ! “聖地”で聞いたアメコミの基礎知識&楽しみ方

これまで東京・秋葉原にある“アメコミの聖地”として知られるブリスターコミックスでお話を伺い、『【アメコミ】初心者おすすめ作品はこれ! “聖地”で聞いたアメコミの基礎知識&楽しみ方』『【アメコミ】DCはご飯、マーベルはパン!? “アメコミの聖地”で聞いた各出版社の特徴』と、さまざまな角度から“アメコミとは何ぞや?”という情報をお伝えしてきた。

締めくくりとなる今回は、上級編として今後の注目キャラクターを紹介。さらに、ブリスターのスタッフ氏に聞いた「原作のコミックスを読むことで味わえる楽しさ」をお届けする。

バットマンやアイアンマンだけじゃない! 注目ヒーローとは?

アメコミといえば、DCコミックスとマーベルコミックがやはり真っ先に思い浮かぶ。DCは1934年に設立。一方、マーベルは1939年に発足の「タイムリー・コミックス」をルーツとするためたがいの歴史は異なるが、両社はともにその礎を築いてきた存在だ。

DCの代表的なヒーローといえば、映画『ジャスティス・リーグ』などで活躍するバットマンやスーパーマン。ヴィランズではブリスターでも人気だというジョーカーが目立つ。

しかし、日本ではあまり知られていない中でも「まだまだ魅力あふれるキャラクターがたくさんいます」とブリスターのスタッフ氏は話す。

「バットマンの舞台となっているゴッサム・シティで活躍するヒーロー、ナイトウィングは、実写化に期待をかけたいキャラクターです。作中でバットマンの相棒として活躍した初代ロビンが、師匠であるバットマンから独立して街の治安を守るという大筋がありますが、その理由にも大きなドラマが隠されています。

また、コミックではスーパーマンとバットマンの息子が活躍する『スーパーサンズ』や、バットマンの表の顔であるブルース・ウェイン出資の学校での青春模様を描いた『ゴッサム・アカデミー』も人気です」(スタッフ氏)

一方、映画『アベンジャーズ』などで活躍するアイアンマンやハルクなど、きらびやかなヒーローたちが活躍するマーベルにも、さまざまな注目キャラクターがいる。

「映画のバリエーションも豊富なマーベルでは、すでに実写化されているキャラクターも多いです。

アイアンマンなどが目立つ一方で、注目したいのはリチャード・ライダーのヒーローとしての顔であるノヴァですね。じつは、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に登場するヒーローチーム“ガーディアンズ”結成のきっかけを作った人物でもあります。

また、原書の売れ行きをみると『スパイダーグエン』や『Ms.マーベル』といったヒロイン、若かりしヒーローチーム『チャンピオンズ』も人気が高いです」(スタッフ氏)

DCとマーベル双方とも、昨今はヒーローたちのクロスオーバー作品が目立つが、今回紹介してくれたキャラクターたちの活躍にぜひ注目したいところだ。

キャラクターの背景や原点をたどれるのが、原書の魅力

さて、初級編、中級編、そして今回の上級編と続いてきた、アメコミの聖地・ブリスターコミックスでの話を元にした記事もこれで最後。締めくくりとして、アメコミの原書(アメリカなどで発行されているオリジナルのコミック)にふれてこそ味わえる楽しみを聞いてみた。

「映画では描かれない、コミックならではの展開はひとつの見どころですね。例えば、マーベルだと版権の関係で今のところ実現されていない、アベンジャーズとX-MENが共に手を取り合い戦う作品もあります。

また、DCは他の出版社とのコラボレーションをすることも多く、『ジャスティス・リーグ/パワーレンジャー』や『バットマン/ミュータント・タートルズ』といった意外な組み合わせも楽しめます」

映画をきっかけにアメコミへ興味を持つというのは、入り口のとしてわりと王道かもしれない。しかし、原書にふれることで「映像では描かれていなかったキャラクターの背景や原点をたどれるのも魅力」だとスタッフ氏は語ってくれた。

2018年以降も、アメコミを原作とする映画や海外ドラマは目白押し。映像で今活躍しているヒーローやヴィランズをより深く知るのはもちろん、ひと足早く注目すべきヒーローを見つけるためにも、ぜひそれぞれの“オリジン”にふれてもらいたい。

取材協力:ブリスターコミックス
住所/〒101-0021 東京都千代田区外神田4-3-10 ミナミビル3F
営業時間/11:00〜20:00(年中無休)
電話番号/03-6206-4404
アクセス/JR 秋葉原駅 電気街口(徒歩約4分)/東京メトロ日比谷線:秋葉原駅(徒歩約6分)/東京メトロ銀座線:末広町駅(徒歩約4分)