中山11R「マーチS」ダ1800
★ダート界のニューヒーロー、ハイランドピークの勢いは止まらない★
◎13ハイランドピーク
○8センチュリオン
▲9エピカリス
△7ディアデルレイ、12アルタイル
 信じる者は救われる、保証はないが「状態は絶好調。6馬身千切って勝つ。横山典騎手も高松宮記念(ナックビーナス)を断念して、全力投球してきた」ハイランドピークなら、大船に乗った気持ちで信頼できる。目下、2連勝を含め全4勝の着差は、8馬身、4馬身、10馬身、5馬身と毎回、驚異のパフォーマンスを披露して来た。スピードは超一級品。これほどの馬に、昇級の壁は皆無に等しい。ハンデも手頃な55繊3連勝で初重賞制覇だ。

中山10R「美浦S」芝2000
★一発でメドを立てた、レッドローゼスが順当にチャンスをつかむ★
◎レッドローゼス
○スティッフェリオ
▲ドレッドノータス
△インヘリットデール、サーブルオール
 昇級戦のスピカSをいきなり2着と好走、一発でメドを立てたレッドローゼスが勝つ。直線、大外からメンバー最速の上り(33秒8)でクビ差と肉薄した内容は、勝ちに等しい。地力強化の跡は歴然だ。<2220>と、コース相性も抜群でこの点も強調材料。

阪神11R「六甲S」芝1600
★復活を遂げた大器、ロジクライが重賞勝ちの底力を見せつける★
◎ロジクライ
○トラスト
▲ハクサンルドルフ
△グァンチャーレ、タイムトリップ
 節分Sをワンサイドで逃げ切り勝ち、完全復活をアピールしたロジクライでもう一丁。シンザン記念優勝直後に骨折、1年11か月の長期休養を余儀なくされたが、実力は自他ともに認めるところ。これから、まだまだ強くなる可能性を秘めた素質の持ち主であり、ここはあくまで通過点。中京11R「高松宮記念」芝1200
★スプリンターズS2連覇を達成した王者、レッドファルクスが昨年のリベンジ★
◎6レッドファルクス
○13レーヌミノル
▲10ダイアナヘイロー
△1セイウンコウセイ、9ファインニードル
 スプリンターズS2連覇を達成した王者、レッドファルクスが勝つ。昨年3着は香港遠征帰りで調子に?が付いたが、状態はその時と雲泥の差。臨戦過程は寸分の狂いがない。前哨戦の阪急杯3着は、勝ち馬より4繊2着馬より2曾鼎す麥58舛鯒愽蕕辰討い覆らクビ・ハナ差だからさすが。ここを使って、状態はピークに近い。<3010>と、実績抜群の中京コースに替わるのも強調材料だ。更に、最強コンビのデムーロ騎手に乗り替わり、死角は見当たらない。