ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週は、週半ばこそ雪がちらつくほど寒かったものの、週末にはソメイヨシノの見頃を迎えるところが多いそうで、春の訪れを感じさせる陽気になってきました。

 競馬もまた、週末に行なわれる高松宮記念(3月25日/中京・芝1200m)を皮切りに、春のGIシーズンに突入していきます。高松宮記念はまさに春の到来を告げるレースと言えますね。

 舞台となるのは、中京競馬場。コースが改修される前はコーナーがキツく、最後の直線も短くて、道中の位置取りと最終コーナーのさばきひとつで、結果が変わることがよく見受けられました。

 しかし改修後(2012年3月)は、最終コーナーを回ってからゴールまでのホームストレッチが、改修前よりもおよそ100m延びて、412.5mと長くなりました。コーナーも大回りになって、さらに直線に坂も作られたことで、紛れの少ない実力勝負の舞台に変わりました。

 実際、2012年以降の高松宮記念の上位入線馬を見ても、ほとんどの馬がその当時のスプリント路線の中心的な存在です。今年も、マイル以下の短距離戦で結果を残している実力馬が上位を争うのではないでしょうか。

 その筆頭格となるのは、現在の短距離路線を牽引しているレッドファルクス(牡7歳)。一昨年、昨年とGIスプリンターズS(中山・芝1200m)の連覇を達成し、昨年の最優秀短距離馬に選ばれています。短距離レースでの実績は、間違いなく国内現役ナンバー1です。

 昨年の高松宮記念では、1番人気に推されましたが、惜しくも3着に敗れてしまいました。ただそれは、前年の暮れに香港遠征を敢行し、それ以来となるぶっつけのレースだったことが影響したのではないでしょうか。

 およそ3カ月の休み明け――これが普通の休養であれば、それほど問題はないと思うのですが、物理的に近い香港とはいえ、海外遠征を行なったあとの復帰初戦。長い検疫や空輸など、普段経験しないことを経て、知らない土地で競馬をして帰ってくるという一連の流れは、歴戦の古馬でも堪(こた)えるものでしょう。順調に国内で使われている馬たちに比べれば、大きなビハインドがあったと思われます。

 現に、高松宮記念のあとに臨んだ京王杯SC(東京・芝1400m)では、レッドファルクスの最大の武器である目の覚めるような決め手を見せて、見事な勝利を挙げています。これこそ、この馬本来の姿だったと言えるのではないでしょうか。

 昨年末は香港遠征を行なわず、GIマイルCS(2017年11月19日/京都・芝1600m)を使って、そのまま休養。迎えた今年は、阪急杯(3着。2月25日/阪神・芝1400m)をステップにしてここに臨んできます。

 高松宮記念はまだ勝っていないだけに、陣営としても是が非でも欲しいタイトルでしょう。今年の、ここまでの臨戦過程を見ると、その雰囲気が十分に伝わってきます。

 ひと叩きしての一戦は、ちょうど昨年快勝した京王杯SCのイメージとダブります。おそらく、状態に関してはピークに近い出来で挑んでくるのではないでしょうか。

 懸念されるのは、年齢的な衰えがあるか否か。

 GI級のスプリンターというのは、トップに君臨していられる期間は比較的短いもの。やはり、極限のスピード勝負を繰り返しているため、少しの衰えがすぐに結果につながってしまうのでしょう。

 レッドファルクスの場合、一昨年の秋から王座にいるわけですが、「そろそろ……」という心配がなきにしもあらず、です。無論、前走の阪急杯の内容を考えれば、そんな不安も杞憂(きゆう)に終わるかもしれませんが……。

 ライバルと見られていのは、昨年の1、2着馬。ようやく本調子に戻ってきた感のあるセイウンコウセイ(牡5歳)と、ダートGIのフェブラリーS(5着。2月18日/東京・ダート1600m)でも見せ場を作ったレッツゴードンキ(牝6歳)の2頭でしょうか。

 個人的には、香港から参戦してくるブリザード(せん7歳)も侮れません。昨秋のスプリンターズSで5着と奮闘し、暮れには非常にレベルが高いとされる国際GIの香港スプリント(香港・芝1200m)で3着と好走しています。

 GI勝ちはなくても、能力自体は高く、日本への遠征も2度目となる今回、昨秋以上のパフォーマンスを見せても不思議ではありません。強敵となる可能性は十分にあります。

 実力馬が集い、今年も熾烈な争いが繰り広げられそうですが、今回の「ヒモ穴馬」には、レッドファルクスよりも年上のダンスディレクター(牡8歳)を取り上げたいと思います。


強烈な決め脚を秘めているダンスディレクター

 8歳馬ではありますが、キャリアはまだ24戦。ひとつ年下のレッドファルクスよりも1戦少ないぐらいです。

 だからといって、1年以上休んだことはありません。骨折などで長い休みは3回ありますが、その休養期間はすべて半年ほど。どちらかというと、体質的なもので使い込めないのかもしれません。持ち味である爆発的な決め脚を繰り出すことで、レース後、さすがに反動が出るのでしょう。

 ともあれ、その強烈な決め手は、レッドファルクスを凌(しの)ぐものを秘めています。いい状態でレースに臨むことができれば、レッドファルクスにとっても、かなり手強い相手になるでしょう。

 高松宮記念に挑戦するのは初めてですが、前哨戦とも言えるシルクロードS(京都・芝1200m)を一昨年、昨年と連覇しています。しかも、それぞれのレースで、その後に高松宮記念を制覇するビッグアーサー、セイウンコウセイを破っています。

 ただ、前述したとおり、激走後の反動が大きいのでしょう。一昨年も、昨年も、シルクロードS後は休養を余儀なくされてきました。

 今年は、暮れの阪神C(2017年12月23日/阪神・芝1400m)のあと、1月末のシルクロードSには向かいませんでした。2月の阪急杯を使う予定もあったようですが、結果的にぶっつけでここに挑んでくることになりました。

 ひと叩きして臨むレッドファルクスとは逆パターンですね。ダンスディレクターにとっては、それが功を奏す可能性が大いにあると見ています。

大西直宏のオフィシャルブロク>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>

◆高松宮記念は3タイプの穴馬「前哨戦2着・前走惨敗・7歳」で幸せに>>

◆高松宮記念はスプリンター系の桜花賞馬レーヌミノル「復活の舞台」だ>>

◆高松宮記念の「消しがちな外国馬ブリザード」が実は弱点を克服した説>>