『菊とギロチン』 ©2018 「菊とギロチン」合同製作舎

写真拡大

瀬々敬久監督の映画『菊とギロチン』の公開日が7月7日に決定。あわせて特報が公開された。

【動画と画像を見る(9枚)】

関東大震災後の大正時代末期を舞台にした同作は、大衆文化が開花すると共に軍事国家への道を進んでいく日本において、農村を中心に盛んだった「女相撲」の力士たちと、格差のない世界を夢見る若いアナーキストグループ「ギロチン社」の青年たちが次第に心を通わせ、同じ夢を見てそれぞれの闘いに挑む、というあらすじ。主人公である女相撲の力士・花菊役に木竜麻生、「ギロチン社」の中心メンバーである中濱鐵役に東出昌大、古田大次郎役に寛 一 郎がキャスティングされている。

主人公・花菊の「強くなりてぇ!」という叫びで始まる特報では、花菊が土俵で相撲を取る場面や、東出演じる中濱が寛 一 郎演じる古田に「女一人助けられなくて、何が革命だ!」と声を絞り出して迫るシーン、韓英恵演じる女力士・十勝川と中濱が抱き合う様子などが確認できる。映像のラストを飾る題字は赤松陽構造によるもの。