昔はこんな髪だったアントニオが…(画像は『Antonio Banderas 2016年10月28日付Instagram「Memory Thursday…」』のスクリーンショット)

写真拡大

長い髪が似合うイケメン俳優も多い中、今も「イケメンロン毛俳優リスト」にランクインすることの多いスペイン出身の俳優アントニオ・バンデラス(57)。かつてはアメリカ人歌手マドンナ(59)をも夢中にさせたそのアントニオが、なんとその頭髪と両方の眉を剃り落とし、まるで別人のような姿で公の場に登場した。

「ずいぶん前のことだけれど、マドンナとディナーを共にしたことがあるんだ。彼女が一方的に喋っていて、でも僕はまだうまく英語を話せないような状況で、彼女の意図していることがサッパリ理解できなかった。」
「そのうち、同席している人から “マドンナは、あなたのことをかなり気に入っているんですよ” と言われたんだ。僕はもう、“本当ですか? どうしよう困ったなぁ。僕は結婚している身(最初の妻アナ・レサと)ですし…” なんて言って、どうにかはぐらかしたけれどね。」

そんな暴露話もあるほどモテモテの“元祖ロン毛イケメン俳優”アントニオ・バンデラス。そのアントニオが頭髪のみならず両方の眉も剃り、母国スペインのマドリードにて『Genius: Picasso』なる作品のプロモーションを行ったのだから、ファンが驚いたのも当然だ。

なお1枚目の画像は彼が若き日に撮ったもので、2016年に自ら「#SuperHair」とタグを付けて公開。これを見た多くのファンが、以下のようなコメントを書き込んでいた。

「セクシーだわ。」
「あなたは私の夢の男性。」
「もうやめて、ホットすぎるわ。」

しかし人相は、髪型でずいぶん変わるもよう。このたび頭髪のみならず眉も剃って公の場に立ったアントニオの印象も、これまでの「ホットなアントニオ」とはまるで異なった。それでも「この作品はいつ観ることができるのか」「あなたが大好き」というコメントが絶えないのは、彼の演技力が確かなこと、そして容姿がどうであろうが彼の魅力に変わりが無いからであろう。ちなみに薄毛男性がモテないとは言えないのも事実で、人気俳優ジェイソン・ステイサムは「自分がハゲだってことを神に感謝している」「そもそもこの俺に、頭の毛なんて似合わねえ」と堂々と発言していた。頭髪の有無に関係なく彼らが今もなおモテるのには、堂々とした男らしさ、演技力、みなぎる自信など、いくつものワケがあるのだ。画像は『Antonio Banderas 2016年10月28日付Instagram「Memory Thursday…」、2018年3月21日付Instagram「Saludos desde el hotel @thewestinpalacemadrid.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)