3月30日(金)深夜0:12からテレビ東京系列で放送される、吉田鋼太郎主演「東京センチメンタルSP〜御茶ノ水の恋〜」で、出演する高畑充希が「本作の見どころは?」と聞かれて真っ先に挙げた、笑激のビジュアルが解禁された。

ドラマ「東京センチメンタル」は、2014年の年末特別ドラマとして「谷中の恋編、深川の恋編」が放送、好評につきドラマ24枠の2016年1月クールドラマとしてシリーズ化、さらに2017年1月にお正月スペシャルとして放送された「東京センチメンタル」シリーズ。 吉田鋼太郎の単発・連続ドラマ初主演作品として記憶に新しく、吉田演じるバツ3独身の恋多き和菓子職人・久留里卓三が、毎回異なるヒロインに想いを寄せ、その「惚れやすさ」と「実らなさ」から“現代版・寅さん”との呼び声が高い。

今回の目玉は、卓三さんの恋の三角関係?!、ではなく、片桐仁が演じる卓三の昔馴染”柴田さん”のリアル彼女の登場だ。柴田に伴われて卓三の和菓子店「くるりや」にやってきたハーフ系美女”カリナ”を玉城ティナが演じる。2人は公然と、”いちゃいちゃ””デレデレ”。

恋の季節を満喫する二人から、デレデレな?コメントが寄せられている。

<柴田幸吉役・片桐仁 コメント>
普段は、主人公・卓三のマドンナとの恋愛成就のベースとなる、日常の部分を演じているので、力を抜きつつ、というのを大事にしてますが、それゆえに逆に、(演技をしていること自体には)緊張感を持って挑もうと思っています。それなのに、今回はイチャイチャに集中しすぎて、言葉がはっきりせず、何を言っているのかすら分からなくなってました(笑)。
(彼女登場、という台本を読んで)笑っちゃいましたね。ほんとに。イチャイチャって(書いてある)笑。次の登場シーンを今か今かと読み進めました(笑)。
毎回、「彼女が欲しい欲しい」と言っていたら、ついに実体をもったこんなに可愛い彼女ですから。
カリナ、って名前のイメージで、勝手に年齢を想定してたら、まあ、お若い玉城さんでびっくり。実年齢だと、偶然干支が一緒で、二回り下ですからね。カリソメでも恋人役ができるなんて嬉しい、(「シャキーン」の共演者にも)自慢しちゃいます。
鋼太郎さんには、「この二人はどうやって付き合うことになったんだ、破局の臭いしかしない」って言われましたね。あと、充希ちゃんに、「同じ画面に収まってるのに、俺だけ前にいるように見える」って言われましたからね。顔が。なんならティナちゃんのほうが実際は、前にいるんですけど、モニターを見て愕然としましたね、良い絵なんではないでしょうか(笑)。あと「浮かれてる」って(笑)。「今まで幸せそうな柴田さんが描かれていなかったので、見られて嬉しい、今回のスペシャルの見どころ!」とまで(笑)。夢のようなシーンでした(笑)。

<玉城ティナ(カリナ役) コメント>
柴田さんの実体のない彼女役ということで、周りの方の反応も気になりましたし、私も楽しみでした。嬉しかったです。
片桐さんはお優しくて、合わせてくださったので、年の差を感じず楽しくできました。本当に優しい方です。カリナさんと柴田さんも、そういう感じで?フィーリングで?付き合うことになったのかもしれませんね。
(自分がそういうタイプでないので)このドラマは恋愛に対してすごくアグレッシブで、幾つになっても恋愛できるって凄いなぁ、卓三さんはよくそんなに出会うチャンスを見つけるなぁと(笑)、羨ましいと思いました。
今回参加させていただいて、くるりやの一部になれて本当に嬉しいです。一視聴者として放送を楽しみにしています!

(C)テレビ東京