今週末3月25日、中京競馬場では今年最初のJRA芝GIとなる高松宮記念(芝1200m)が行なわれる。今年で48回目、GIに昇格してから23回目となる短距離GIレースだ。

 今年のこのレースには過去最多となる7頭のGI/JpnI勝ち馬が登録。史上最高の豪華メンバーとも言える1戦となった。

 その中から筆者が特に推したいのが、昨年の桜花賞馬レーヌミノル(牝4歳・本田優厩舎)だ。8番人気で出走したGI桜花賞(阪神・芝1600m)を制して以降、6戦して4着が最高と、その後、一度も馬券には絡んでいないが、筆者はこの馬の本質はスプリンターであると見てきた。


昨年の桜花賞馬レーヌミノル。それ以来の勝ち星となるか

 その思いを強烈に印象づけられたのは2歳時のGIII小倉2歳S(小倉・芝1200m)だ。デビュー戦(小倉・芝1200m)を1馬身3/4差で勝利し、ここに臨んできたレーヌミノルは、このレースでも1番人気で出走。抑えきれないくらいの行きっぷりから2〜3番手を追走し、逃げ馬が脱落したあとはスピードの違いから4角手前で先頭に立つと、直線では後続を突き放す一方。2着馬につけた6馬身差はレース史上最大で、勝ちタイムはコースレコードに0秒2差の1分08秒0という素晴らしい内容だった。

 一般的に、スピードタイプの2歳牝馬にとって翌春の大目標は桜花賞になってくる。そのため、1600mに対応できるようにレースが選択され、見事桜花賞馬となったわけだが、その後はGIオークス(5月21日/東京・芝2400m)が13着、GIIローズS(9月17日/阪神・芝1800m)は9着、GI秋華賞(10月15日京都・芝2000m)では14着と中距離戦線で大敗が続き、短距離〜マイル戦線にシフトチェンジする。すると、GIマイルチャンピオンシップ(11月19日/京都・芝1600m)では勝ったペルシアンナイトから0秒2差の4着と好走した。

 続くGII阪神C(12月23日/阪神・芝1400m)は7着と敗れたが、古馬一線級の短距離戦線で揉まれた経験が生きたか、小倉2歳S以来となる1200m戦だった前走のGIIIオーシャンS(3月3日/中山・芝1200m)は好スタートからレースの流れに乗り、6着とはいえ最後まで上位争いを見せ、勝ち馬とは0秒1の僅差だった。本田調教師によると、オーシャンSの調整は雪の影響などで予定通りにいかず、万全の状態ではなかったようで、今回は上積みが見込めそうだ。

 血統を見てみよう。父ダイワメジャーはGI皐月賞、GI安田記念など1600〜2000mのGIを5勝した、サンデーサイレンス系ではスピードタイプの種牡馬。父としても2014年の高松宮記念の勝ち馬コパノリチャードを出している。母ダイワエンジェルは未勝利馬だが、祖母プリンセススキーはGIII3歳牝馬S(阪神・芝1600m)の勝ち馬。そして母の父タイキシャトルは、GIスプリンターズS(中山・芝1200m)、仏GIジャックルマロワ賞(芝1600m)などを勝ったスピード馬で、全体的に見てもかなりスピード寄りの配合と言える。

 父がサンデーサイレンス産駒の種牡馬で、母の父がタイキシャトルという配合はGI日本ダービー馬ワンアンドオンリー(父ハーツクライ)や、GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)を連覇し、スプリンターズSも勝った名牝ストレイトガール(父フジキセキ)と同じパターン。ストレイトガールとは母系にあるプリンスリーギフトなど、他の共通点も多く、同馬のように1200m、1600mの2階級制覇に期待したい。

 レーヌミノルにとって最大の強敵となるのはスプリンターズSを2連覇中のレッドファルクス(牡7歳・尾関知人厩舎)だろう。昨年のこのレースは3着に敗れたが、稍重馬場と展開が合わなかったと見ている。芝1200mでは1分07秒台を出す馬だが、昨年の勝ち時計は1分09秒0だった。

 中京競馬場自体はダートを含め4勝を挙げている得意コースで、一昨年のGIII CBC賞(中京・芝1200m)では1分07秒2の自己最速タイムを計時している。今年7歳となるが、このレースにおいて、7歳以上馬は2010年キンシャサノキセキ(7歳)、2011年キンシャサノキセキ(8歳)、2015年エアロヴェロシティ(7歳)と、のべ3頭が勝利しており、年齢を気にする必要はなさそうだ。

 レッドファルクスの前走はGIII阪急杯(2月25日/阪神・芝1400m)で3着と敗れたが、4コーナー15番手(18頭立て)から上がり3F(ハロン)で33秒4という鋭い脚を使っており、力は見せている。ここを目標に仕上げてくるはずで、馬場さえ良ければ、好走は必至だろう。

 血統的なネタとしては、親子制覇がかかるキングハート(牡5歳・星野忍厩舎、父オレハマッテルゼ)、ダイアナヘイロー(牝5歳・大根田裕之厩舎、父キングヘイロー)も応援したい。GIIIオーシャンS、GIII阪急杯と、ともに前哨戦を勝利して勢いに乗っている。親子制覇となれば、2009年ローレルゲレイロ(父キングヘイロー)以来9年ぶりとなる。◆桜花賞へ「3強」も恐れぬアーモンドアイ。ゆっくり休んで末脚爆発!>>

◆タイムフライヤーは、もうGI馬なのに「よくなるのはダービーの頃」>>