画像提供:マイナビニュース

写真拡大

花王はこのほど、「"夫と息子"のニオイ」に関する意識調査の結果を明らかにした。同調査は2月22日〜26日、13〜19歳未婚男性100名、30〜59歳既婚子供有り男性100名、30〜59歳既婚子供有り女性100名を対象にインターネットで実施したもの。

夫が「ただいま」と帰宅してきた瞬間にニオイ(体臭)が気になるときはあるか尋ねたところ、合計で40.0%が「気になる」または「やや気になる」と答えた。同様に息子が帰宅した瞬間のニオイについて聞くと、「気になる」と「やや気になる」を合計した数値は43.5%となり、妻・母の約4割以上が夫・息子の帰宅時のニオイを気にしていることがわかった。

夫・息子が帰宅した時の気になるニオイを具体的に聞いたところ、夫の帰宅時の「足のニオイ」が気になると回答した妻の割合は、合計37.5%だった。息子の帰宅時の「足のニオイ」が気になる母は、合計54.0%となっている。

息子のニオイをどの程度気にしているか尋ねたところ、最も多いのは「足のニオイ」(合計58.0%)だった。次いで「頭・髪の毛のニオイ」「口のニオイ」「脇のニオイ」となっている。

13〜19歳未婚男性と30〜59歳既婚子供有り男性に、自分が帰宅したときに自分の体臭が気になるか尋ねたところ、既婚子供有り男性の54%、13〜19歳男性の52%が「気にならない」または「あまり気にならない」と答えた。 半数以上の夫・息子は、自分の帰宅したときのニオイに気づいていないことがわかった。

夫・息子が行っている朝の習慣について聞くと、制汗デオドラントケアの実施率は、朝のシャワーやヘアケアよりも低い結果になった。

一方、妻がやって欲しい夫の朝習慣としては、「汗のニオイ対策」を挙げた人が82.5%(やって欲しい・やややって欲しいを合計した順位)だった。息子にやってほしい朝習慣でも「汗のニオイ対策」が81.0%で、8割以上の妻は夫・息子に朝のデオドラントケアをしてほしいと思っていることがわかった。