地元のおいしいものが食べられる観光列車を乗りに行こう

写真拡大 (全4枚)

◆地元のおいしいものが食べられる観光列車を乗りに行こう
おいしいものが食べられる観光列車を紹介。車窓からの絶景を眺めながらいただく、地元のおいしい料理や地酒は、旅のいい思い出になるはず!

写真提供/JR東日本横浜支社
【神奈川・静岡】伊豆の海を眺めながら食事とお酒を楽しもう
東伊豆海岸を走るリゾート列車「IZU CRAILE」。大きな窓に広がる伊豆の青い海を見ながらいただけるのは、フランスの家庭料理を提供する人気店「モルソー」のオーナーシェフ秋元さくらさんが監修するランチやアフタヌーンカフェのセット。箱根西麓牛や南伊豆産伊勢エビ、駿河湾のカツオなど旬の食材を使った料理がワンボックスにギュッと詰まったランチは見た目も華やかで、列車の旅気分をさらに盛り上げてくれる。
【JR東日本「IZU CRAILE」】
運行区間/小田原駅〜伊豆急下田駅(1日1往復) 所要時間/下り約2時間30分、上り約2時間 運行日/土・日・祝中心 料金/乗車券+指定券3570円(小田原駅→伊豆急下田駅) 食事つき旅行商品:ランチセット付き11600円(小田原駅→伊豆急下田駅) カフェセット付き9600円(伊豆急下田駅→小田原駅) 予約方法/食事付き旅行商品(1、3号車)はびゅうプラザ。電話またはHPにて。食事なしの4号車の指定券は、JRの主な駅などで販売。全席指定 旅行商品の予約・問い合わせ先/03-3843-2001(びゅう予約センター東京)


写真提供/JR東日本仙台支社
【宮城・福島】福島の旬の果物を使ったスイーツを列車で満喫
甘いもの好きなら見逃せないのが「フルーティアふくしま」。実は福島は、果物王国・福島といわれるほど、リンゴや梨、桃、ブドウなどさまざまなフルーツに恵まれている。福島県産の選び抜かれたフルーツをおいしい状態になるまで熟度管理し、手作りのオリジナルスイーツやジュースにして提供。4月までは、いちご「さちのか」を使ったレアチーズケーキといちごとの相性もいいチョコクリームケーキの2種類が味わえる。
【フルーティアふくしま】
【〜2018年3月31日】運行区間/仙台駅〜郡山駅(1日1往復) 所要時間/片道約2時間 運行日/土・日・祝中心 料金/片道乗車券(仙台駅〜郡山駅)+指定席券+スイーツセット5400円
【2018年4月1日〜】運行区間/郡山駅〜会津若松駅(1日2往復) 所要時間/約1時間5分 運行日/土・日・祝中心 料金/片道乗車券(郡山駅〜会津若松駅)+指定席券+スイーツセット4800円 予約方法/びゅうプラザおよび主な旅行会社窓口、またはびゅう予約センターで電話予約。全席指定 旅行商品の予約・問い合わせ先/0570-04-8928(びゅう予約センター)


写真提供/JR東日本新潟支社
【新潟】列車に揺られ生演奏を聞きながら新潟の地酒を
地酒王国・新潟らしい日本酒をテーマにした観光列車。地酒の無料試飲ができるほか、酒樽をモチーフにしたスタンディングテーブルが配された2号車のサービスカウンター「蔵守〜kuramori〜」では、有料で利き酒ができたり、おつまみやオリジナルグッズも販売。1号車では食事付きのプランで地酒を楽しめる。さらに、地元のミュージシャンによる生演奏もあるなど、お酒好きにはたまらない旅になりそう。
【越乃Shu*Kura】
運行区間/上越妙高駅〜十日町駅(1日1往復) 所要時間/片道約2時間30分 運行日/金・土・日・祝中心 料金/1号車(乗車券類+料理)7400円、3号車(乗車券+指定席券)2700円(ともに上越妙高駅〜十日町駅間) 予約方法/旅行商品(1号車)はびゅうプラザまたは主な旅行会社で。3号車はみどりの窓口またはびゅうプラザなどで。全席指定 旅行商品の予約・問い合わせ先/0570-04-8928(びゅう予約センター)