中山11R「スプリングS」芝1800
★韋駄天エポカドーロの一人旅だ。後続の差し脚を完封する★
◎5エポカドーロ
○8ステルヴィオ
▲12マイネルファンロン
△2ルーカス、11ゴーフォザサミット
 韋駄天エポカドーロが波乱を演出する。人気を集めているライバルがいずれも差し、追い込み馬なだけに展開の利は大きい。ここに来て2連勝中と地力強化も目覚ましい。とりわけ、先手を取った時の強さは、未勝利(1600)→あすなろ賞(2000)2連勝を見れば一目瞭然だ。0秒4、0秒6差で突き放し、同走の馬を子供扱いしているのだ。馬場が渋れば、チャンスは一段と広がる。

中山10R「千葉S」ダ1200
★無事之(これ)名馬の、マッチレスヒーローに勝利の女神が微笑む★
◎マッチレスヒーロー
○ドラゴンゲート
▲ハットラブ
△アールプロセス、ニットウスバル
 ここではキミがヒーローだ、マッチレス。もともと、タフに使い込まれてデビュー9戦目に初勝利を挙げた、遅咲き(晩成)のタイプ。これからひと花もふた花も咲かせる可能性を秘めている。前走の根岸Sは、ノンコノユメのレコードに0秒5差4着だから評価できる。オープン特別のメンバーならチャンスは十分ある。

阪神11R「阪神大賞典」芝3000
★益々快調の、クリンチャーが地の利を生かして重賞2連勝だ★
◎8クリンチャー
○10アルバート
▲6サトノクロニクル
△4カレンミロティック、7レインボーライン
 京都記念を圧勝して勢いに乗る、クリンチャーが地の利を生かして重賞2連勝を目指す。その前走は、菊花賞2着の時より「トモに力が付いた」ことをまざまざと見せつけている。しかも、クリンチャーはまだ完成形ではない。完成の域に達した歴戦の古馬に対して、底が割れていない分、伸びしろが測り知れない点も強調したい材料だ。馬場状態にも左右されないとなれば、信頼度は高い。中京11R「小牧特別」芝2000
★調子、距離、コースと三拍子が揃った、マテンロウゴーストでいける★
◎マテンロウゴースト
○トレジャートローヴ
▲バリングラ
△キミノナハセンター、ダノンキングダム
 調子、距離、コースと三拍子がそろった、マテンロウゴーストがチャンスをつかむ。昇級戦だった前走、恋路ケ浜特別は最後の直線で最速の上り(34秒7)を発揮し、0秒3差の4着。一発でメドを立てている。もともと、新馬戦で2着に入っている厩舎の期待馬。3歳春に脚部不安を発症、1年6ヶ月の戦線離脱がなければ、今頃はオープンで活躍していたハズ。素質馬が軌道に乗りそうで、期待して大丈夫だろう。