【今週の予想】

☆阪神9R 山陽特別(芝1400m)

 プルメリアスターを狙う。前走は中山マイルで7枠14番とロスの多い枠だったこと、スタート後、ややかかり気味になり、終始外を回ったこともあり、さすがに直線で苦しくなって11着。それでも勝ち馬からちょうど1秒差と粘りを見せた。条件さえ好転すれば十分勝負になるだけの走りだったと言えるだろう。前々走は7着に敗れたものの、前々走は6ヵ月ぶりの実戦だった上、昇級後は1600万下条件で4着、3着と好走しているアルジャンテから0秒3差だった。馬の力は1000万下条件では上位だろう。今回は先行馬が少なく、9頭立てということもあり、楽に好位置が取れそうなメンバー構成だ。好勝負となることは必至だろう。

◎プルメリアスター
○テラノヴァ
▲バリス
△₁アクセラレート
△₂ダノンシーザー

買い目
【馬単】5点
◎→○▲△₁△₂
○→◎
【3連複2頭軸流し】3点
◎○-▲△₁△₂
【3連単2頭軸マルチ】18点
◎○⇔▲△₁△₂

☆阪神11R 阪神大賞典(G)(芝3000m)

 ここはクリンチャーで決まり。レイデオロ、アルアイン、モズカッチャン、ディアドラのG鞠4頭が参戦した京都記念では、重馬場に他馬が苦労する中、終始ラチ沿いを通り、直線では馬場の真ん中をしっかり走り1着。前々走の菊花賞では、ドロドロの不良馬場の中、残り1200m付近から動き、直線早々先頭に並ぶ競馬で2着。キレる脚はないが、長くしぶとい脚は特筆もの。使われるたびに力を付けている。このメンバーでは負けられない。

◎(8)クリンチャー
○(10)アルバート
▲(7)レインボーライン
△(9)ムイトオブリガード
△(3)シホウ

買い目
【馬単】4点
(8)→(3)(7)(9)(10)
【3連複1頭軸流し】6点
(8)-(3)(7)(9)(10)
【3連単フォーメーション】9点
(8)→(7)(10)→(3)(7)(9)(10)
(10)→(8)→(3)(7)(9)

☆中山11R スプリングステークス(G)(芝1800m)

 昨年の朝日杯FSは勝ち馬ダノンプレミアムが弥生賞を、4着ケイアイノーテックが500万下、6着ファーストアプローチがシンザン記念4着、7着カシアスがシンザン記念3着、11着ケイティクレバーが若駒Sを制したように、ハイレベルなメンバーがそろっていた。その朝日杯FSで2着だったステルヴィオが出走するスプリングS。朝日杯FSでは、直線で何度か他馬とぶつかる不利がありながら33秒8の上がりを使って2着と、3着以下と着差以上の力の差を見せつけた。今回のメンバーならよほどのことがない限りステルヴィオが絡むだろう。が、今回は魅力あふれる注目馬も多く、対抗に留める。狙うのはマイネルファンロン。前走は外枠不利な東京2000m戦で8枠10番からのスタート。その上、レースでは出遅れて、600mすぎからようやくポジションを上げるロスの多い競馬だった。それでも直線でいったん先頭に立ち、ゴール直前まで食い下がって2着と「負けてなお強し」の競馬だった。馬体、動きを見てもポテンシャルの高さは疑いようがなく、一度使われた効果もあり状態は前走以上。スタートさえ決まれば、好位からの競馬でステルヴィオをしのぎ切る可能性は十分だ。▲はルーカス。以下、ゴーフォザサミット、カフジバンガード、エポカドーロまで。

◎(12)マイネルファンロン
○(8)ステルヴィオ
▲(2)ルーカス
△(11)ゴーフォザサミット
△(10)カフジバンガード
△(5)エポカドーロ
好調教馬(12)(4)

買い目
【馬単】6点
(12)→(2)(5)(8)(10)(11)
(8)→(12)
【3連複2頭軸流し】4点
(8)(12)-(2)(5)(10)(11)
【3連単フォーメーション】16点
(12)→(2)(8)(11)→(2)(5)(8)(10)(11)
(8)→(12)→(2)(5)(10)(11)

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。