中山11R「フラワーカップ」芝1800
★牡馬のGI馬を破っている実力馬の、ロックディスタウンが復権を果たす★
◎4ロックディスタウン
○9トーセンブレス
▲13カラリエーヴァ
△5ノーブルカリナン、10カンタービレ
 映画の祭典「アカデミー賞」で、メーキャップ賞に輝いた辻一弘さんを見て、「似ているなぁ、岩田騎手に」。そう思ったのは、ワタシだけではないだろう。世の中には自分に似た人が3人いるというが、――そうだね。閑話休題。実力馬の、ロックディスタウンが阪神JF(9着)のリベンジを果たす。その前走は、大外18番枠が響いたもの。前半力んだ分、脚を溜められず失速。力を出し切れなかったのだ。悲観することはない。もともと、破竹の2連勝で札幌2歳王者に輝いた逸材。しかも、新馬戦で破った相手は後にホープルS(GI)を快勝する牡馬タイムフライヤー、そして札幌2歳Sも牡馬ファストアプローチだから凄い。仕切り直しのここで実力を見せつける。

中山10R「韓国馬事会杯」ダ1800
★2着はもういらない。クリノリトミシュルが今度こそ決める★
◎11クリノリトミシュル
○5エネスク
▲1ブライトンロック
△6カラクプア、13トウカイエントリー
 3連続2着中の、クリノリトミシュルが今度こそ決める。前走の伊丹Sは勝負どころの4角で外から被され、踏み込みが遅れたことが響いたもの。とはいえ、メンバー最速の差し脚で0秒1差と迫った実力は、ここでは一枚上なのは明らか。勝ってうっ憤を晴らす。

阪神11R「若葉ステークス」芝2000
★人気でもGI馬のタイムフライヤーには逆らえない★
◎12タイムフライヤー
○9ジュンヴァルロ
▲2ダノンフォーチュン
△3ロードアクシス、6ビービーデフィ
 ここでは実績、実力ともタイムフライヤーが最右翼。ホープフルS(GI)を圧勝した実力の高さを見せつける。その前走は、直線大外から強襲。メンバー最速の上り(35秒5)で突き抜ける圧巻の強さ。短期間で更にパワーアップしているとなれば、負けるシーンは想像できない。中京11R「ファルコンS」芝1400
★人気の落ちた実力馬ムスコローソが、起死回生の一発を決める★
◎1ムスコローソ
○8フロンティア
▲11アンブロジオ
△4テンクウ、9ダノンスマッシュ
 実力馬の、ムスコローソが起死回生の一発を決める。その前走、クロッカスSは3着に敗退しているが敗因は明らか。スタートで後手を踏み、流れに乗り遅れたもの。しかし、最後はメンバー最速の上り(34秒1)で0秒2差と迫り実力の片鱗を示した。もともと、新馬戦を圧勝(0秒8差)、続く新潟2歳Sで1番人気(12着)に推された高い素質の持ち主。課題のスタートが決まればチャンスは十分ある。