【今週デビューの注目馬】

☆リベラメンテ

 想定では2018年3月17日(土)阪神第4Rダート1800m戦に登録があるが、芝デビューを本線にしているため、17日(土)阪神第3R芝1800m戦に出走予定のリベラメンテ。馬名の由来は「自由に(音楽用語)」。牝、鹿毛、2015年4月3日生。栗東・須貝尚介厩舎。父ダノンシャンティ、母ラッドルチェンド、母父Danehill Dancer。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はシルクレーシング。愛馬会法人・シルク・ホースクラブの募集馬で総額2000万円。本馬はまだ幼いところが多く見られる馬体の通り、晩成型らしくここにきてようやく体力が付いてきた。それでも、追い切りでは素質を感じさせる動きを見せており、将来が楽しみな一頭。軽い走りをするタイプのため、ダートよりも断然芝向き。キレる脚を武器に活躍が期待できる。距離はマイルから2000mあたりを得意としそう。なお、鞍上にはD・バルジュー騎手を予定している。

☆ダノンカイザー

 2018年3月18日(日)阪神4R芝1600m戦に出走予定のダノンカイザー。馬名の由来は「冠名+皇帝。競馬界の皇帝として君臨することを願って」。牡、黒鹿毛、2015年4月17日生。栗東・安田隆行厩舎。父ディープインパクト、母ゼラスキャット、母父Storm Cat。生産は千歳市・社台ファーム、馬主はダノックス。2016年セレクトセール1歳市場において1億7280万円で落札された。近親には16年ドバイターフ(GI)を制したリアルスティール(父ディープインパクト)がいる。本馬はディープインパクト産駒らしいシュッとした凛々しい顔つきをしており、バネの利いたフットワークの良い走り。父ディープインパクト×母父Storm Catには活躍馬が多く、血統的にも期待が高まる。なお、鞍上には池添謙一騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。