パドックで、たくさんの人から声援をうけるホリエモン (7月24日・高知でのデビュー戦で撮影)

写真拡大

 ライブドア堀江貴文社長が所有する競走馬ホリエモンが16日、高知競馬場の第6競走(ダート1000m)に出走し、8頭立てで2着に敗れた。優勝はタマテバコ。ホリエモンが初勝利を飾った9月11日のレースで、2着の馬だった。

 今年の7月、中央競馬から高知競馬に移籍したホリエモンは、いまだ1勝しかしていないにもかかわらず、移籍後の全レースで単勝1番人気だった。しかし今回、5戦目にして初めて2番人気に転落。次回は「10月30日のレースで使うかもしれない」と松木(まつぎ)調教師。次戦、ファンの支持をつなぎとめることが出来るか、試されることになりそうだ。

 インターネットの投票で命名されたホリエモン。レースで優勝した場合の賞金を会員同士で“ポイントとして山分け”するというファンクラブ組織がインターネット上にある。→競走馬/ホリエモン 応援ファンクラブ(登録会員数/約9,386名・10月16日現在)


■レース成績(高知競馬場・第6競走)
1着 タマテバコ     牝3 タイム1:04:0 3番人気
2着 ホリエモン     牡3 タイム1:04:2 2番人気
3着 タカノキセキオー  牡7 タイム1:04:3 1番人気
4着 マイネルアーデント 牡5 タイム1:04:9 5番人気
5着 ヒリュウ      牡3 タイム1:05:4 4番人気
6着 オースミオリエント 牡6 タイム1:05:6 7番人気
7着 ゴールドカープ   牡5 タイム1:06:5 7番人気
8着 シェアハッピー   牝4 タイム1:06:9 6番人気
天候:晴 馬場:不良
ダート1000m (右回り)


■関連リンク
競走馬ホリエモンの戦歴 - livedoor スポーツ
ホリエモンのこれまでの歩み - ホリエモン公式Blog
競馬最強の法則×livedoor スポーツ!競馬予想ならこちら - 競馬最強の法則WEB