2018年クラシック候補たち
第6回:タイムフライヤー

 JRAでは2017年からGIに昇格したレースがふたつあった。そのひとつが、3歳クラシック第1弾の皐月賞と同じ舞台で行なわれる、年末開催の2歳GIホープフルS(中山・芝2000m)である。

 そして、記念すべきGI昇格初年度となった昨年末(12月28日)のレースで勝利を飾ったのは、松田国英厩舎(栗東トレセン/滋賀県)のタイムフライヤー(牡3歳/父ハーツクライ)だった。


GI昇格初年度のホープフルSを制したタイムフライヤー

 息の入らない厳しい流れの中、前半は15、16番手というほぼ最後方を追走。3コーナー途中からスパートをかけると、直線入口で一気に先頭集団を飲み込んで、そのまま他馬の追撃を振り切ってトップでゴール板を通過した。

 タイムフライヤーは、昨年8月にデビューした。その初戦は2着に敗れたものの、勝ち馬はのちにGIII札幌2歳Sを制したロックディスタウン。同馬とコンマ1秒差の惜敗で、決して悪い内容ではなかった。

 タイムフライヤー自身、ロックディスタウンに次ぐ32秒6という強烈な上がり時計をマーク。力があることを十分に示した。

 現に、続く未勝利戦、オープン特別の萩S(10月28日/京都・芝1800m)と連勝を決めた。萩Sでは2着に4馬身差をつける圧勝劇を披露。重馬場も苦にせず、直線に入ると大外を豪快に突き抜けていった。

 4戦目は、GIII京都2歳(11月25日/京都・芝2000m)に挑んだ。好位の3番手につける正攻法の競馬で重賞制覇を狙ったが、ここではゴール前でグレイルの強襲を受けて惜しくもアタマ差の2着に敗れた。

 それでも、その走りは確実に安定感を増していた。そして、その力を証明するように、続くホープフルSでGIのタイトルを手にしたのだ。

 1戦ごとに着実に成長を遂げてきたタイムフライヤー。陣営の評価は最初から高く、ここにきてなお、進化を遂げているようだ。関西競馬専門紙のトラックマンが、その様子を伝える。

「陣営のスタッフによれば、デビュー当初から『タイムフライヤーは厩舎の中でも高く評価していた1頭だった』と言います。何より、センスのよさが光っていたようです。以前はトモ(※腰から後肢の付け根)が緩かったそうですが、その点も『成長してグンとよくなってきた』とのこと。それが、レースぶりの良化にもつながっているのでしょう。

 それでも、『まだまだ完成途上。本当によくなるのはGI日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)の頃』とスタッフは話しています。今後がますます楽しみですね」

 依然、成長過程にあるタイムフライヤー。今春のクラシックでは、一段とレベルアップした姿を見せてくれるかもしれない。その意味でも、まずは復帰戦となるオープン特別の若葉S(3月17日/阪神・芝2000m)でどんな走りを見せてくれるのか、注目される。

 ところで、同世代の有力馬の多くは、先のGII弥生賞(3月4日/中山・芝2000m)に参戦した。そこが”王道路線”ゆえ、タイムフライヤーが若葉Sをステップレースに選択したことを疑問に感じている人もいるだろう。

 その理由については、先述のトラックマンが陣営から話を聞いている。

「陣営のスタッフに聞いてみると、『(弥生賞に行かなかった理由は)ホープフルSで皐月賞(4月15日)と同じ中山の舞台をすでに経験し、しかも勝っているから』と話していました。さらに、『(クリストフ・)ルメール騎手が乗れるレースを優先した』とのことです。

 陣営としては、すべて青写真どおりです。2度負けているのも、『展開のアヤが大きい』とスタッフ。クラシック獲りへの本気度は相当なものです」

 3戦目の萩Sから手綱を取り続けてきたクリスチャン・デムーロ騎手は、短期免許期間ではないため、今回は騎乗できない。そこで、クラシック本番に備えて、トップジョッキーのルメール騎手をここで確保しておきたかったのだろう。 用意周到、準備は万全である。新GIの覇者タイムフライヤーは、この春さらにGIの勲章を増やしていくのか。強豪ライバルたちとの激突が待ち遠しい。

◆シャチホコも驚く金鯱賞の穴馬2頭。「波乱の昨年」にソックリだがや>>

◆フィリーズレビュー「本番よりココ狙いの3頭」を穴党記者があぶり出す>>

◆大物たちが復帰の金鯱賞で、あえて「元No.1」ブレスジャーニーを選ぶ>>