ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 いよいよ春のGIシーズンの開幕が近づいてきましたね。

 気候としては、暖かくなってきたと思ったら、今週はまた寒さが戻ってきました。木曜日の朝などは風が冷たくて、体感的にはかなり寒く感じました。寒暖の差が激しい日々が続きますが、体調など崩さぬよう、みなさんもくれぐれもお気をつけください。

 さて、今週は東西(中山、阪神)で桜花賞トライアルが行なわれますが、ここでは中京で行なわれるGII金鯱賞(きんこしょう/3月11日/中京・芝2000m)を取り上げたいと思います。

 キタサンブラックとしのぎを削った、重賞5勝(うちGI2勝)馬サトノダイヤモンド(牡5歳)の復帰戦。出走頭数は少ないですが、大いに注目すべきレースだと思います。

 人気の中心は、間違いなくサトノダイヤモンドでしょう。

 ただ休養前、昨秋の欧州遠征は苦い結果となりました。特に凱旋門賞(2017年10月1日/フランス・芝2400m)は、体調や馬場などいろいろと敗因はあると思いますが、見せ場もなく、何も抵抗できずに敗れてしまいました(15着)。

 普通のGI馬ならいざ知らず、キタサンブラックとともに日本競馬の頂点を争っていた馬ですからね。しかも、最も脂の乗っている4歳秋でのこと。結果だけ見ると、「何かアクシンデントがあったのでは……」と心配になりました。

 そして結局、その後はジャパンカップや有馬記念を見送って、長めの休養に入りました。今回は、その凱旋門賞以来、5カ月ぶりのレースとなります。

 これだけ休んだのは、やはりメンタル面のケアに時間をかけたかったのでしょう。今は昔ほど検疫に時間がかからないため、比較的海外遠征もしやすくなっていますが、それでも相当な体力と精神力が必要になると思います。

 性格にもよるでしょうが、過去にも海外遠征後になかなかスランプから脱出できない実力馬がたくさんいました。そういう意味でも、今回のサトノダイヤモンドの走りには注目が集まります。どんな競馬を見せるのか、多くのファンも気になるところでしょう。

 もちろん、強いサトノダイヤモンドを見たいのですが、今回に関しては、逆のイメージも頭の中でよぎります。応援はするものの、馬券的には人気にもなるでしょうから、押さえに回したいですね。

 中心視すべきは、実績ではサトノダイヤモンドに劣るものの、レースの内容やパフォーマンスでは、それを凌(しの)ぐものがあるスワーヴリチャード(牡4歳)のほうだと思っています。

 前走の有馬記念(12月24日/中山・芝2500m)では、キタサンブラックに迫ることなく4着に敗れましたが、左回りに比べて実績が足りない右回りだったこと、そして先行馬有利のペースを大外から捲(まく)るという厳しい展開だったこと、それらのことを考えれば、よく走っていると思います。

 日本ダービー(2着。東京・芝2400m)をはじめ、共同通信杯(1着。東京・芝1800m)やアルゼンチン共和国杯(1着。東京・芝2500m)を見れば一目瞭然ですが、左回りのレースになるとパフォーマンスが格段に上がります。今回は初の中京コースとなりますが、左回りに変わることが、何よりも好材料です。

 陣営としても、左回りのGIIであるここを、早くから目標にしてきたのではないでしょうか。ある意味、サトノダイヤモンド以上に注目の復帰戦だと思います。この先に待つ本番、GI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)は右回りとなるだけに、ここでは単に勝ち負けを演じるだけでなく、その内容も問われます。いい走りを期待したいですね。

 重賞5勝と、実績的にはスワーヴリチャード以上のヤマカツエース(牡6歳)も有力候補の1頭と言えます。重賞5勝のうち、この金鯱賞で一昨年、昨年と連覇を飾っていますから、なおさらです。

 鞍上は、池添謙一騎手。同日に行なわれる桜花賞トライアルのフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)には、オルフェーヴルの全妹で、池添騎手がふたつ勝たせているデルニエオールが出走するのですが、こちらのヤマカツエースのほうに乗ることになりました。

 おそらく、池添騎手は「体がふたつほしい」と本気で思っていることでしょう。先約優先なのか、選んでいるのかはわかりませんが、どちらにしても、このひと鞍に対する思いは強いはずです。

 注目の実力馬が集う中、今回の「ヒモ穴馬」には、スワーヴリチャードと同じ明け4歳のブレスジャーニー(牡4歳)を取り上げたいと思います。



2歳時には世代のトップを走っていたブレスジャーニー

 昨秋から、明け4歳世代が重賞戦線を席巻しているのはご存知のとおり。全体的なレベルの高さは疑いようがありません。このブレスジャーニーは、その世代にあって、2歳時には「(世代)ナンバー1では」と称されていた逸材です。

 骨折で春のクラシックは棒に振りましたが、三冠最後のGI菊花賞(京都・芝3000m)で復帰。着順こそ12着でしたが、約1年ぶりのレースで、しかもGI戦、さらに3000mの長距離戦で、極悪馬場という非常に厳しい条件だったことを考えれば、よく走っていたと思います。個人的には、かなり驚かされました。

 ゆえに、適鞍だった次走のチャレンジC(12月2日/阪神・芝2000m)における3着好走は、なかば当然の結果でした。復調間近を思わせてくれましたね。

 前走の有馬記念(12着)は、直線での不利なども影響したと思いますが、本質的にはマイルから2000mぐらいがベストの馬。若干距離が長かったのでしょう。

 今回は2000m戦。かつて重賞を連勝した左回りのレースというのも、大きなプラスになります。中間は、しっかりと乗られていますし、ケガの後遺症も今はないと思います。

 最終追い切りには、関東所属の三浦皇成騎手が栗東まで駆けつけて騎乗したようですね。この辺りにも、この馬に対する期待度の高さがうかがえます。楽しみな1頭です。

大西直宏のオフィシャルブロク>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>

◆シャチホコも驚く金鯱賞の穴馬2頭。「波乱の昨年」にソックリだがや>>