中山11R「中山牝馬S」芝1800
★初重賞制覇へ機は熟した。ワンブレスアウェイがベストパフォーマンスを披露する★
◎11ワンブレスアウェイ
○14カワキタエンカ
▲4マキマムドパリ
△2トーセンビクトリー、6フロンテアクイーン
 重賞初挑戦の府中牝馬S10着(0秒6差)以降、ターコイズS8着(0秒3差)、愛知杯6着(0秒5差)と、使うたびに着順を上げてきたワンブレスアウェイが、三度目ならぬ四度目の正直を果たす。とりわけ、愛知杯は大外18番枠からスタート、引っ掛かって脚を溜められなかったもの。決して、悲観することはない。今回は<3101>と、最も実績を残している1800胆錙2辰┐董∈廼コンビ(全5勝中4勝)の戸崎騎手に乗り替わり、条件は大きく好転。勝利の女神をグイッと引き寄せた。

中山10R「サンシャインS」芝2500
★重賞経験を無駄にはしない。カラビナが自己条件に戻り成果を出す★
◎1カラビナ
○6ステイパーシスト
▲3ホウオウパフューム
△10グランドサッシュ、12フェイズベロシティ
 力試しに敢然と挑んだ日経新春杯は、8着と返り討ちに遭ったカラビナだが、その経験は決して無駄にはならない。その成果をここで披露する。準オープンは前々走のグレイトフルSを2着(0秒1差)と好走、チャンスは時間の問題とアピールしている。舞台もその時と同じ中山2500叩△修靴董▲魯鵐55舛覆藉待して大丈夫。

中京11R「トリトンS」芝1400
★雲雀Sは不利に泣いた、ロワアブソリューがそのうっ憤を晴らす★
◎8ロワアブソリュー
○7ドーヴァー
▲5スターオブペルシャ
△3スカイパッション、17リライアブルエース
 休み明けの雲雀Sは8着(0秒8差)と不発に終わった、ロワアブソリューがリベンジを果たす。その前走、最後の直線はずっと前が詰まり通しで、全く追えない状態でフィニッシュ。馬券を買っているファンは大いに泣かされた。もともと準オープンで小差2着の実績があり、実力は確か。普通に走ってさえ来ればチャンスは十分ある。阪神11R「ポラリスS」ダ1400
★日の出の勢いのレッドゲルニカが、一気呵成に2連勝を達成する★
◎4レッドゲルニカ
○9コウエイエンブレム
▲12ラインシュナイダー
△11ルグランフリソン、14サトノファンタシー
 レッドゲルニカの前走、バレンタインSは後ろの馬が来るのを待って追い出す、憎らしいほど余裕しゃくしゃくの勝利。今がまさに充実期といえる。もう、大丈夫。ハイペースで飛ばし玉砕した、ギャラクシーSの二の舞をする心配はない。再び、正攻法の競馬で2連勝を達成する。