「京都国際舞台芸術祭 2018」国内外のアーティストと新たなパフォーマンスアートを創造

写真拡大

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2018」が、2018年10月6日(土)から10月28日(日)まで、ロームシアター京都をメイン会場として開催される。

「女性」をテーマにしたダンスや演劇

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」では、国内外から多様で先鋭的なアーティストを迎え、演劇やダンスをはじめ、美術、 音楽、デザイン、建築などジャンルを越境した作品を紹介。今回は、「女性アーティスト」にフォーカスを当て、全12組の作品が披露される。従来的な「男」と「女」の枠組みを超え、性のあり方について作品を通じて問題提起していく。

ブラジル出身のアーティスト、ロベルタ・リマは、自らの身体そのものをテーマにした作品を展開する。今回披露する「水の象(かたち)」は、日本酒の醸造過程にインスピレーションを受け、日本における「水」の存在意義を問いかけるパフォーマンスだ。田中奈緒子は、光と影による静謐で幻想的な作品を作り出す。作品の舞台となる世界遺産・二条城で繰り広げられる光の世界に注目だ。

フランス人アーティストも多数登場

また、日仏交流160周年及び京都・パリ友情盟約締結60周年を記念し、複数のフランス人アーティストの作品も上演する。2014年に行われた同イベントで、見事なパフォーマンスによって日本の観客を魅了したダンサー、セシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョーの2人も再登場する。クラシックバレエとジャマイカの電子音楽のコラボレーションで、今までにない鑑賞体験をもたらしてくれる。

【詳細】
KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2018
開催期間:2018年10月6日(土)〜10月28日(日)
会場:ロームシアター京都、京都芸術劇場 春秋座、京都芸術センターほか
■出演アーティスト例
ジョン・グムヒョン、ジゼル・ヴィエンヌ / DACM、ロベルタ・リマ、山城知佳子、ウースターグループ、田中奈緒子、セシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョー、マレーネ・モンテイロ・フレイタス、マレーネ・モンテイロ・フレイタス、She She Pop 、市原佐都子/ Q 、手塚夏子、ロラ・アリアス


[写真付きで読む]「京都国際舞台芸術祭 2018」国内外のアーティストと新たなパフォーマンスアートを創造

外部サイト

  • アンリアレイジ森永邦彦、篠山紀信、奈良美智らが参加する、“ロック”をテーマにした展覧会が京都で
  • 「デザインフェスタ」東京ビッグサイトで - 2日で約6万人が来場するアジア最大級クリエーターの祭典
  • EDMフェス「EDC Japan 2018」千葉・幕張で - スティーブ・アオキ、ディプロら出演