りそな銀行、住信SBIネット銀行、スルガ銀行の3行は、仮想通貨の技術を応用して、これまでより安い手数料でいつでも即時に送金できるサービスを、ことし秋をめどに始めることになった。NHKニュースが報じた。

 相手の口座番号の代わりに携帯電話番号の入力での送金、相手のスマートフォンに表示されたQRコードを読み込んでの送金ができるという。今後は参加する金融機関を増やして、海外への送金にも対応する計画だそう。

仮想通貨技術で安くて早い送金サービス りそな銀行など導入へ(NHKニュース)